■備品・用品・エトセトラ

 

Google Map連動記


まさか出先から直接グーグルマップへアップロードできる日が来るとは…

 

<2012年2月>

新年初のお買い物

 VMAXにもUSB電源を付けた!これで走りながらでもスマホでソフトを動かせる!…というわけで、早速いろいろと試してみる。

 まずはとやってみたのがこちら、「My Tracks」というGPSロガー(位置記録)ソフトだ。
※もちろんAndroid用。


これ、どう見ても「こちら」って画像じゃないですね…


 OSであるAndroidと同じGoogle社製のソフトなので面倒な手間は必要なし。

 GPSを作動させておいてアプリを起動。メニューから「現在地」を選んで確認した後「トラック記録」。あとは勝手にやってくれる。
 もちろん途中で画面をクローズ(スリープ)させても裏でしっかり動いてくれるので大丈夫。

 「ここまで」というところで記録(トラック)をストップ。

 データを確認したらもちろんそのままでも良いのだけれど、せっかくなのでGoogleマップへ転送。
 この記録データの転送(Google送信)も一発でOKだった。

 そう言えば余談的になのだけれど、GPSはとても電力を食う
 今回のようにバッテリーから有線給電していない状態ではあまり使いたくない機能だ。これさえなんとかなれば普段でも積極的にGPSを使いたいのだけれど。
#仕事で東京を歩いた時にも使ってみたけど、電池がみるみる減っていったものなぁ…


 で、まぁ実際にずらずらやってみたこの前の渡良瀬遊水池訪問の際のデータがこちら。

 国道50号沿いの「道の駅思川」(おもいがわ)から遊水池をぐるり一回り(というか横断)するまでの道のりだ。

より大きな地図で 渡良瀬遊水地 舗装路限定 を表示

 実際の地図と見比べてもらうとわかるのだけれど、結構な細い道(というか細かな動き)まで記録されていてびっくりさせられた。

 あと地図上のコメント(地図下リンククリック先)にも書いたのだけれど、ルートだけでなく、時刻やら高度やら速度やらもしっかりと記録。う〜む、これが全部無料でできるってのはホント凄い時代になったものだ。

 さて、で、これからこれをうちのHPでどう使うかなのだけれど。

 当然ツーリングレポで、になるのだけれど、これをそのまま使う事は多分ないだろう。

 理由の1つには情報量が多すぎる点。
 ツーレポにはメリハリがないと面白くない…というか、細かく書きたいところと流したいところがある(笑)
 デジタルでがっちり記録されたデータというのは結構使いにくいものなのだ。
#いや、決して最高速度とかが表示されるとアレだというわけでは…(フェードアウト)

 いろいろ小細工するとルート上に画像も貼り付けできる(もちろん画像を撮った場所に)のだけれど、同じ理由でするつもりはなし。

 反面、純粋な「ルート記録」には使えると思う。
 北海道行きのようなロングツーリングの際、今は通ったルートを地図に(アナログに)マーキングしているのだけれど、これが不要&正確になる。
 ルートだけなら今回のように公開もできるし、セローで道なき道を走ったときにも使える……かな?

…とか書いていて思いついたのだけれど、「栃木県北部限定ツーリングガイド」のようなコンテンツには、先の画像添付を含めてかなり有効かもしれない。
 後で考えてみるとしよう。あのコンテンツもそろそろ全面入れ替えしてやらないといけないわけだし。

#本当は、自分のサイト外(Google等)にコンテンツの材料(地図)を置くってのはあまり好きじゃないのだけどね(笑)

 


 
戻る 備品・用品・エトセトラへ戻る