■備品・用品・エトセトラ

 

ウインターグローブ購入記


KOMINE プロテクトウインターグローブ イーデオ
GK-767

 

<2013年1月>

お約束かもしれません

>そして、なら多少暖かさを犠牲にしても操作性重視のウインターグローブがあればより活躍するだろうな…とか考えてしまうのが怖いところ。

 期待していた皆様お待たせいたしました。予想の通り「操作性重視のウインターグローブ」の購入です。

※いや、何気にショップの初売りに行って、偶然フィット感を売りにしているグローブを見つけて、試着したらなかなか 良くて、「でもお高いんでしょう?」って値札見たら30%オフで、でも気に入った色でサイズの合うのが1つしか残ってなくて、違うグローブ見てたら隣の 人がそれを手にとってしげしげ眺めていて、「ま、これで買われちゃったら縁が無かったってことで」と店内1周してきて、ひょいと見たらポツンと残って たら、こりゃ買うしかないでしょう。(←自分への言い訳)

 メーカーはTOPのとおりコミネ。そういえな最近何故かKOMINEの商品を紹介する機会が多い気がする。
※もちろんアフリやステマじゃありません。もちろん1円も貰ってません。いや、くれるというなら断りませんけどね。

 価格帯的には定価で1万円弱の廉価版。だ〜か〜ら〜何万円もするグローブなんて買えません&レポートできませんって。


 さて、まずは重要視した操作性

 冬グローブの嫌な点としては、
厚いので指を動かすのが疲れる→面倒なので動かさずに走ろうとする→操作がダルに。
路面(車体)からのフィードバックが薄いので「操っている感」が削がれる。
…が大きいと思う。だから生地は薄いほど(薄く感じられるほど)違和感が少なくなる。

 そしてこのグローブ、SuperFITをうたっているだけのことはあってフィット感はさすがだった。
 冬グローブにありがちなモコモコ感は皆無でぴったりと装着できる。雰囲気は厚革のレーシンググローブに似ているかもしれない。

 実際に使ってみた感触としては、夏のメッシュグローブの操作性を100、3シーズングローブを95、レーシンググローブを85、これまでの冬グローブを40とすると、今回買ったグローブは70というあたり。
 充分に合格点ではあるのだけれど、ショップで試着した時には80くらいに感じたのでちょい落ちではある。

 原因の1つは手のひらにある樹脂部(すべり止めのシリコンプリントとやら)これが意外に固くてグリップを握る時抵抗を感じるのだ。

 もう一つ、手のひら外側に付いているスライダーも位置と大きさの関係で違和感を感じる人がいるかもしれない。
 俺個人としてはここにパッド的なものがあってもなんら問題は無いのだけれど。


手のひら側はこんな感じ

 ☆

 次は保温性なのだけれど、今日は1月にしては比較的気温が高く日中はテストになりそうにない。
 なので夕方まで走り回って…あ〜、やっぱ日が落ちると一気に気温が下がるわ〜

 とりあえずの気温は5度付近、まず右手にこれまでの冬グローブ、左手に新グローブをつけて走ってみる。

 暖かさは、同じか新しいほうがやや上な感じ。操作性重視で購入したのでこれで充分というか嬉しい誤算。まぁ今までのグローブもいい感じにヤレてきているので比較対象にして良いかどうかは疑問なのだけれど。

 周囲が真っ暗になって気温は2〜3度ほどに。ここで両手共新グローブに換える。
 この気温でも冷たさは無い。むしろ汗ばみ気味になるのは暖かいからなのか透湿が今ひとつだからなのか?まぁ寒くなければそれで充分ではあるのだけれど。

 ここまでのテストは全て街中走行にて。速度は1.5ISどまり。
 オーバーグローブのレポにも書いたとおり、本当は0度前後の気温の高速道路を1.5KSくらいで1時間は走りたいところだが…まぁいずれそういう機会もあるだろう。


 というわけで、結論は「まぁ合格かな」な感じ。

 操作性はOK、保温性は普通。このグローブと先のオーバーグローブがあれば結構な状況までそこそこ快適に走れそうな気がする。
 これまた先のレポと同じだが、装備の幅が更に広がった感じだ。

 そしてあらためて、気温2〜3度(もしかするともう少し下がっていたかも?)な状態で、テストと称して平気で走り回れたのには驚いた。
 グローブもそうだが、ヒートテック系のインナーにフリースのアンダーシャツ。革パンツとゴアジャケットで寒さは完全シャットアウト。
 加えてヘルメットシールドは二重で鼻先までカバー付けても曇りなし、ってのは昔を考えると凄い装備だ。

 もしタイムマシンがあったら高校生の頃の俺に持っていってやりたいと思うくらい。
 尤も当時の俺には「こんなおっさん臭いもの着られるか!」って蹴飛ばされるかもしれないのだけれど(笑)


 
 
戻る 表紙へ戻る