■備品・用品・エトセトラ

 

インナープロテクションジャケット SK-625購入記


komine SK-625 アーマードトップインナーウエア

 購入   使用 NEW

 

<2015年4月> 購入

そういえばこの手がありました

 インナープロテクションジャケットを購入する。
※「インナープロテクションジャケット」=インナーとして着ることのできるプロテクタの付いたウエ ア、の意。

 経緯はこちらのとおり。
 http://akira.txt-nifty.com/blog/2015/04/post-ef7d.html

 要約すると、「パッド無しの革ジャン着る時になんとかならねーかなー」だ。

 ポイントとしては下記のとおり。
1.革ジャンの下に着られること。
2.装着が面倒でないこと
3.出先で革ジャンを脱いでも一般人(?)に驚かれないこと。
※「安全であること」は言うまでもないので略

 プロテクタの付いたセーフティジャケットの類というとモトクロス用のオフジャージの下に着る甲 冑めいた奴が思いつくのだけれど、これは上記1&3により却下。
 まぁアレはアレでセロー用に持っていてもいいような気がするのだけれど。(まぁ既にJK-054: 後述があるからなぁ)

 いろいろ調べて結果的に選んだのが、トップ画像のコミネのSK-625というモデルだった。

 実はどちらにするか悩んだのに同じコミネのSK-693と言うモデルがある。そしてこちらの方が後期かつ上位モデル。

 違いはいろいろあるのだけれど、一番には肩肘のパッド。
 同じCE規格ではあるものの、625は旧型(?)の樹脂チックな奴。693はお馴染みのハードタイプ。

 プロテクション的、あるいは軽さ的には新型の方が良いのだけれど、革ジャンの下用に買うのであ まりゴツくなるものは控えたい
 加えて、胸パッドについては肩肘と逆で、625の方が「薄くて危ない」とクレームがつくくらい薄いらしい。これはスタイル的にはありがたいことになる。

 というわけであえて旧モデルを選択した。
 それに新モデル付属のハードパッドは既にいくつか持っている。場合によってはあとで入れ替えしてもいいわけだし。

 商品到着。早速着込んでみる。

 俺は公称(?)170cm70kg±(やや太め)な体型なのでチョイスはL。
 着てみるとほぼぴったり。尤も伸縮素材(クールマックス)なので対応幅は結構広そうだ。


モデルに関する苦情は受け付けておりません

 見た目はまぁまぁ。威圧感はなし。着心地良し。メーカーロゴも控えめでよし。

 心配した肘肩のパッドは相応な感じ。素材的に重さも心配していたのだけれど、新型と持ち比べて「言 われてみればちょっと重いかも?」な程度だった。
 そして胸部は噂どおり薄めでOK。


肩パッド比較
左:SK-625付属、右:JK-054付属(新型)

 しかし「う〜ん」と思ったのが脊椎パッドだ。
 これが思っていたよりゴツいのだ。確かに背中の保護は重要なのだけれど今回は革ジャンの下に(略)


脊椎パッド比較
左:SK-625付属、右:JK-054付属

 考えた挙句、上記JK-054用と交換することにした。
 054は真夏のセロー林道お散歩用、なので多少ゴツくても問題は無く却って安心。またこちらのウエアは全面メッシュなのでパッド自体が風を通しにくくて も影響は少ないだろう。
 両パッドは形も大きさも違うのだけれど加工することなく交換できた。625はクールマックスなので伸縮するし、054は元が大きいので問題なし。

 それではと上に革ジャン(POWERED-RJ)を着てみる。
 「うん、サイズ的にも問題なし。ジッパー上げてもごく自然。引っかかりとかの違和感も無いから大丈夫だな」

 どうやら普通に使えそうで一安心となった。

 さて、そして実際に使うとなると気になるのが体温調整だ。

 このジャケット、先のとおりクールマックス素材なので冬の保温性は期待できそうにない
 かといってパッドが相応に厚いので夏に涼しいわけでもなさそう

 これをどちらつかずとみるか、それとも汎用性があるとみるか、難しいところだと思う。

 革ジャンをメインで使うのは春秋シーズン。
 これまでの例だと、インナーにはロンT+Tシャツのレイヤード、寒ければトレーナー追加、場合によってはウインドブレーカー。
 これにこのインナープロテクタをどう加えていくか、これから探っていくとしよう。
#寒い時期には首周りもなんとかしなきゃな…


袖にはずり上がり防止用の親指ホール(多分)あり
使わないけど


<2015年4月> 使用

なるほどなるほど

 というわけで早速ツーリングに使用してみる。

 時期は4月下旬、天気快晴の素晴らしいツーリング日和…なので、実は何を着ていても気持ち良く感じたはず。テストとしては不適切な天候だったかも。

 気温的には、朝は涼しく10度前後、かわりに日中は25度近くまで上がっていた。

 装備的は、内側にちょい厚めのワッフル!ワッフル!ワッフルシャツ、プロテクタインナー、革ジャン。

 朝はさすがに涼しかったがちょいスースーする程度。予想通り首筋に何か巻けばもうちょい気温が低くとも大丈夫そう。
 日中はさすがに少し汗ばんだ。但し革ジャンのベンチレーションで調整可能な範囲。


こんな組み合わせで

 さて、こうと書くと「何も問題なし!」にも見えるのだけれど、先の予測が当たってしまう。
 「生地は涼しいがパッドが付いている部分は暑い!」

 この差はかなり大きかった。
 気温が上がってくるとパッドのある部分からじわりと汗ばんでくる。
 この革ジャン(NEW CONCEPTER POWERED-RJ)には胸肩背中にベンチレーションがあるのだけれど、いざ開けると他の部分がちょい涼しく感じてしまったのもまた事実だ。

 ともあれ、より気温が上がりそうならアンダーを換えれば良いのだし、サイズ的な余裕があるので寒い時期にはトレーナーも着込めそう。そして予想通り、上着を脱いでも違和感少(無いわけではない)

 そこそこ使えそうでほっとして、「んじゃこれから活躍して……え?この先急に暑くなるの?」
※まぁもう5月だしねぇ


 
 
戻る 表紙へ戻る