■備品・用品・エトセトラ

 

パッド付きジーンズ(2) コミネ WJ-732R 購入記

KOMINE WJ-732R Jeans
KOMINE WJ-732R Jeans


 

<2016年7月> 

履くものが無いわけではないんですが(2)

 2年前に買った(&1年前に補修してもらった)コミネのPK-722。これは便利に使わせてもらっている。

 ハードパッド内蔵で安心、使い勝手も良い。
 あえて欠点めいた事を言うとすれば、全体的に太めなこと。これは腰周りへのパッド挿入を考えてのことかも…という辺りは先コンテンツに書いたとおり。

 さて、今まで夏場はこれとラングラーの伸縮ジーンズ(の内側にニーシンパッドを付けて)を併用していたのだけれど、伸縮ジーンズの方が大分くたびれてきた。
 んじゃそろそろ買い替えるか……というところに、またまたコミネからこんなものが出てしまったのだ。

 WJ-732R レギュラーフィットストレッチジーンズ

 生地はラングラー同様のストレッチ(伸縮)タイプ。レギュラーフィットとあるけれど、ストレッチのためシルエット的には結構細そうだ。

 もちろんパッド付きなのは当然。
 だがパッドの挿入がパンツ外側から可能と進化している。
※洗濯のときの取り外しと、装着時の位置決めが結構面倒くさいのだ→これまでの内側セットタイプ

 うむ、買い替えるならこれだな。なにしろパッド付きなのに定価で7.5k円と普通のジーンズ並みの価格なのだから。
※値段的にケブラー糸ではないのだけれど、これはラングラーも同じこと。

<余談>
 にしてもコミネのラインナップはパンツもウエアも多種すぎて複雑怪奇極まりない。
 今シーズンのジーンズだけでもいったい何種類出てるんだか。
 購入する時にも名称だけではまったく判別出来ないので、一生懸命型番覚えるしかないんだよな。


 さくさく購入・到着。
#夜ポチって翌日昼に到着って早すぎ。

 早速履く。「うわっ!細っ!」

 ほぼピチピチである。

 サイズはL(32インチ)なので、ウエストには若干の余裕がある。
 だが太もももふくらはぎもぴっちぴち。もちろん俺の足が太いからなのだけれど、同サイズの前ジーンズとはまったく違う履き心地だ。
 尤もラングラーよりストレッチが大きめなので、一旦履いてしまえば窮屈な感じはしない

 「にしてもこれでレギュラーフィットか。とするとスリムフィットとかスーパースリム(←そういうのも出てる)なんてのはどんだけ細いんだ?!」


例によってモデルに関する苦情は受け付けておりません
(そしてブーツじゃなくて申し訳ありません)

 股上は普通、つまり今の基準からすると深いはず。
 無加工なので当然裾は長すぎるのだけれど、バイクに乗るにはこの位の方が便利なのでこのままで。
 それにこのジーンズは裾をまくると反射テープが見える仕様になっているのだ。

 パッドはカワサキカラー(をい)のゴムパッド(かな?)でレベル2のCE規格をクリア。

 なるほど、これまでのハードパッドよりカバーする面積が広い気がする。柔らかいから膝へのアタリも優しそうな?
 前世が甲殻類の俺としてはいつものハードパッドの方が安心できるのだけれど、あとで両方試してみよう。
※パッドの相互入替が問題なしなのは確認済み。
 そうそう、そして外入れ方式はやっぱり便利だった。


左:今回のSK-803 ビートルEK CE レベル2プロテクター
右:いつものSK-635 コミネCEプロテクター


ファスナーを開けて外側から。
中のベルクロで位置調整も可。

 先のとおり、全体のシルエットは細くてGOOD(俺基準) スリムな分膝のパッドが強調されるのも俺好み。
 ピチピチ感は一度洗濯したらやや普通寄り(?)に変化して、これまた俺の好きな感じに。

 弱点としては、ぴっちりである分大汗をかく時期にはあまり長く使いたくないような。
 なので数日に渡るロングツーリングにはこれまでのモデルを履くことになりそうだ。

 こっちは半日のちょい乗り用かな。もしくはちょい恰好を付けたい時なんかにも。
※恰好を付けたい≠恰好が付く


コミネロゴは比較的控えめ…かな?


 
 
戻る 表紙へ戻る