SUZUKI GSX1300R 隼

☆ メンテナンス編 ☆

リアフェンダー装着記


COERCE リアフェンダー RS/カーボン
定価:\26,775(税込)

<2006年2月>

乗れないンですが・・・
 仕事が忙しくて、バイク触る機会すら少なかったここ3ヶ月程。
 一息つけるようになると「購買欲」というわけのわからないものが湧いてくるから大変である。

 …とまぁそんな言い訳はさておいて、かねてより欲しくてたまらなかったカーボンリアフェンダーを購入してしまう。

 メーカーはコワース。

 フロントフェンダーもフェンダレスキットもコワース製だから…というのとはまったく関係なく、このシンプルなスタイルが気に入ったのだ。
#A-TECHのようにチェーンカバー付きのものはなんかこぅ・・・重く見えてねぇ・・・
 

交換はさほど難しくもなく。
 さくさくと交換作業・・・の前に、フェンダーにワックス掛け。
 カーボン製品は紫外線で劣化する可能性があるので、UVカットの為に(気休めだけど)塗るようにしているのだ。
 もちろん、装着後は塗り(磨き)にくいという理由もある。

 磨いて満足したら取り付け。
 ノーマルのスイングアームには、サスペンションへの泥避けとしてゴム製のフラップが付いている。
 これを外してフェンダーを取り付けるのだ。

 使われているのは、例の「真ん中ポッチ」タイプのピンが2本だけ。
 さすがに他のピンより太く、固い。
 奥まった場所にあり手も入りにくいので、L字型のヘキサレンチを利用して手探りでポッチを押してやる。
 「あ〜、難しくは無いけど結構面倒かも・・・」


ピン外れました

 ともあれ、無事ピンが外れ、ノーマルフラップも外れたら、取付け部の汚れを取ってやる。
 新しいフェンダーの取り付け時に石とか噛み込んでガタが出たら大変だ。

 あとはフェンダーを被せてピンを留め、両サイドをタイラップで固定するだけである。

 さすがは定番品。
 コワース製品にありがちなガタ(笑)もなく、きっちりと付けられた。

  
使用前・使用後

スタイル良好
 
 予想通り、見た目はすっきり。
 チェーンカバーとカーボンの質感が異なるが、ま、これはこれで面白いだろう。
#↑言ってる事が前と違うな・・・

 タイヤとのクリアランスも問題なし。
 フロントフェンダーの方はぎりぎりだったので心配したのだが、どうやら杞憂だったようだ。

 よく見ると、センターが若干左へズレている気がしないでもないが…ま、気にしない気にしない。
 
 ちなみにこの画像のリアタイヤは185/55-17だが、ノーマルの190でも同じような感じになるだろう。
※外径はほぼ同一


クリアランス問題なし

 さて、もちろん、このフェンダーを付けたからといって機能や性能が変わる事はない。
 「雨天時の水はねが…」とか「リアサスペンションの保護が…」とかはあくまでもお題目、「格好良いから付けた」が今回の目的である。

 うむ、よしよし、格好よくなったぞ・・・(自己満足)


よしよし・・・

copyright 2006 Akira


 隼へ戻る