SUZUKI GSX1300R 隼

☆ ありがとう隼 ☆

手放した件に関するあれこれ


2010年12月吉日
GSX1300R隼を売却しました。


 
<2010年12月>
理由等々
 …と言うわけで、隼を売却しました。

 手放した理由としては、ほぼ先代V-Maxと同様です。
 「バイクに乗る機会(時間)が減った」「手放すならエンジン・足回り共に好調な時期に」という事ですね。
※その他細かい言い訳に関しては先代V-Maxのコンテンツを見て下さい。

 隼が新車でうちへ来てから10年とちょい。
 
 とにかくバカっ速で高速道路ではほぼ無敵、峠では怖いもの知らず、300km/hという途方も無い世界へ連れて行ってくれたのもこのバイクです。
 そういえばダートもずいぶん走りましたね。

 10年というと本当に長い年月ですが、何かあっという間に過ぎた気がします。
 なので私の中では、隼は今でも新車のイメージなんですよ。


2001年5月、納車

 
 売却にあたり、車検やらあれやこれやで久しぶりに隼に跨りました。

 そしたらまぁ軽い事軽いこと。考えてみれば新型VMAXからは100kg近く軽いわけです。

 ハンドルは狭く、そして低く。
 バーハンにしてかなり上げたつもりなんですが、これまたVMAXやセローに慣れた身からすると「まさにSSポジション」久しぶりにその気にさせられました。

 そして軽く吹け上がるインライン4エンジン。
 V4のドロドロ感とも単気筒の鼓動とも違うこの感じ、集合の入ったパラ4ってのもやっぱいいものですね。


2005年7月、餃子オフ


2009年5月、塩原・藤堂塾ルート

 エンジン・車体・足回りと一通りリファイン済みでもあり、この隼は新しいオーナーの元でまだまだ元気に走り回ってくれることでしょう。

 先代V-Maxと同じように声を掛けてやるとすればこんな感じでしょうね。

 「これまで本当にありがとう。でもまだまだ若い奴らには負けるなよ。」(笑)
 
 


うん、やっぱノーマルスタイルも格好いいな

<了>


Copyright 2010 Akira
 隼へ戻る