☆ 怖話・・・ ☆

これらの話は、原則的に体験者から直接お聞きした話です。
従って「落ち」はありません、あしからず・・・



 
怖の壱

峠道で

栃木県在住 Aさん(20歳台後半:男性)の場合

 とある真夏の深夜、Aさんは自慢のスポーツカーで峠道を走っていた。

 何度か通った事のある道ではあったが、田舎の峠道には照明もなく、真っ暗な路面を照らすのはAさんの車のヘッドライトだけであった。

 何故か対向車はまったくなかった。Aさんは空いている道路に気を良くし、スピードを上げた。

 急な右コーナーを曲がりきった時であった。

 次はまた急な左のヘアピンコーナー、Aさんの視線は自然と次のコーナーの内側(左側)へと向いた。

 その時、Aさんの視界の右隅、カーブの外側のヘッドライトが届くぎりぎりの辺りに、何か白いものが映った。

 考える間もなく、Aさんの車は左のヘアピンコーナーを曲がっていた。

 更に2,3のカーブを曲がった辺りで、Aさんはふと思った。

「アレはいったいなんだったのだろう?・・・」

 視界の右隅に映ったソレが、白い服を着た髪の長い女性の姿にそっくりであった事に気付いた時、総毛立ったAさんはもう一度その場所を通る気力をなくしていた。

 彼が帰り道にその峠を避け、賑やかな国道を通る為に30kmほど遠回りしたのは、言うまでもない事である・・・


 
怖の弐

病院で

栃木県在住 Bさん(20歳台前半:男性)の場合

 とある真夏の深夜、システムエンジニアのBさんは、病院のコンピュータ室で、一人キーボードを叩いていた。

 外は蒸し暑い熱帯夜だったが、空調の効いた部屋は涼しく、防音もしっかりしており、聞こえるのは室内の大型プリンターがたてるファンの低い音だけであった。

 語る相手もいない室内で、Bさんは一人黙々と仕事を続けた。

 どれくらい時間が経ったのであろうか?やっと仕事が一段落付いたBさんは、大きく一つ伸びをし、凝った右肩を左手で揉みほぐした。

 その時であった。

「・・・B・・・さん・・・」

「はい?」

 突然自分の名前を呼ばれたBさんは慌てて後を振り向いた。

 後には何もなかった。

 Bさんの後ろは3階の窓だった。そしてその外には黒々とした夜の闇が広がっているだけだった。

 ヴーンというファンの音しかしないコンピュータ室を呆然と見渡したBさんは、静かに荷物をまとめ、部屋を出た。

 その日以降、彼が同僚と一緒の時でなければ残業しなくなったのは、言うまでもない事である・・・


 
怖の参

天井から

東京都在住 Cさん(20歳台後半:女性)の場合

 とある真夏の夕方、Cさんは自分の娘(2歳)と共に友人の家を訪れていた。

 友人の家は、少々古びたマンションの一室であった。

 ひとしきりの世間話のあと、むずかりはじめた娘を見た友人は「ちょっと休んで行けば?」とCさんに勧めた。

 Cさんはその言葉に甘える事にし、リビングに娘を横にならせた。

 娘を寝かし付けるうち、Cさんは自分もうとうととしてきた。

 友人は夕食の買い物に出かけたらしく留守、夢うつつのCさんは、その時、ふとどこからか自分達を見つめる視線を感じた。

 何気に天井を見上げたCさん。

 そこにあったのは、じっと下を覗き込む一対の黒い眼であった。

 そしてその眼は、Cさんではなく、隣に眠る娘を物欲しげに眺めていたのであった。

 悲鳴もあげられずに硬直したままのCさん。天井の眼が消えたのは帰ってきた友人が玄関のドアを開けた時だったと言う。

 「夕食は?」と尋ねる友人をそのままに、娘を抱きかかえたCさんが自宅に飛び帰ったのは、言うまでもない事である・・・


 
怖の四

ふすまの陰

東京都在住 Dさん(高校生:女性)の場合

 とある夏休み、高校生のDさんは友人の家に泊まりがけで遊びに来ていた。

 友人の部屋で大騒ぎをした後の夜、並べて布団を敷いていた友人が、ぽつりとDさんに言った。

「夜、変な事があっても気にしないでね…」

 深夜、Dさんはふと目を覚ました。

 左隣の友人は熟睡していた。

 何気に反対側を見ると、隣の部屋との境にあるふすまが50cmほど開いている。

 そして、その隙間の向こう、微かに覗ける隣の部屋の中央に、蠢く黒い影があった。

 見続けるDさん。

 すると、隣の部屋から、なにか白いものがこちらへ伸びてきた。

 それは人間の腕であった。

 白い腕は、ふすまの隙間までくると、そこでDさんを誘うかのようにひらひらと舞った。

 Dさんはその腕から視線を外すことができなかった。

 翌朝、友人は何気にDさんに聞いた。

「夕べ、なにかあった?」

「ううん、全然・・・」

 明るく答えたDさんであったが、以後、その友人宅へ泊まりに行かなくなったのは、言うまでもない事である・・・


 
怖の伍

ニ階の部屋

千葉県在住 Eさん(30台:女性)の場合

 Eさんには悩みがあった。

 何時の頃からか、実家へ里帰りして泊まると、その夜必ず金縛りにあってしまうのだった。

 特に、二階のとある部屋に寝た時には酷かった。

 金縛りに加え、風もないのに窓ガラスを揺らす音、人知れず階段を登ってくる足音、天井裏からの怪音等に一晩中悩まされるのであった。

 一度、この部屋で小さな息子を横に寝かせた時には、何かに怯えて一晩中夜泣きが止まらなかった。

 愛犬を連れてきた時には、普段はおとなしいその犬が、何もない空間に向かってひたすら吼え続けていた。

 今年もお盆がきて、Eさんは里帰りをした。

 「絶対ここには寝ないぞ」と、例の部屋を覗きに行ったEさんであったが、その部屋の雰囲気が変っているのに気付いた。

 部屋中が妙に明るく感じられたのだ。

 間取りや家具の配置は今までと同じなのに、その部屋からは昔のような重苦しい雰囲気がきれいさっぱりと消え去っていたのだった。

「ねえ、なにか変えたの?ニ階・・・」

 一階に降りたEさんは母親に尋ねた。

 「え?別に変えてないわよ。・・・あ、そうそう、押入れの中の荷物はいらないと思ったからフリーマーケットに出しちゃったけど・・・」

 その夜、実家では久しぶりに、Eさんはぐっすりと休む事が出来た。

 その荷物が何だったのか?そしてフリーマーケットでそれを買った人が今どうなっているのか?Eさんが深く考えないようにしたのは、言うまでもない事である・・・


 


 がれーじへ戻る