☆ ナンシーを探せ! ☆

ナンシー生態調査


「ナンシー」とは一体なんであろうか?

それは、我々バイク乗りに唐突に話しかけてくる愛すべき親父(&小母さん)達の事である。

バイク乗りであれば、一度は彼(彼女)等に出会ったことがあるのではないだろうか?

「これ、なんしーしー?」

代表的なその鳴き声は、何故か、地域、時代を問わず共通であるという。

しかし、その生態については今だ知られざる部分も多いのだ・・・

ナンシー、その鳴き声


「これ、なんしーしー?」
(これは何ccですか?)
 命名の由来ともなった代表的な鳴き声であるが、その亜種も多数報告されている。 

 「これ、はーれー?」(これはハーレーダビッドソン社製のバイクですか?)

 「これ、ななはん?」(これは750ccのバイクですか?)

 全て、バイクの大きさを尋ねる台詞と思われる。

 ハーレーかどうか?が大きさに対する問いかけである。との解釈には異論を唱える向きも多いだろう。

 しかし、ナンシーからこう問い掛けられるのは、なにも本物のハーレーダビッドソンと見紛うようなアメリカン車に限った話ではないのだ。

 真っ赤なドゥカティ、BMWのオフ、あるいはホンダのスーパースポーツ。

 どんな形状のバイクであろうと、大型車であれば、ナンシーから「これ、はーれー?」と問い掛けられる危険性を孕んでいるのである。

 これこそナンシーが、これらの言葉をバイクの大きさへの問い掛けのみに使用している何よりの証拠と言えるのではないだろうか?

 また、ナンシーにとって、バイクの大きさの基準は全て「750cc」であると考えられている。

 ナンシーにとっては、ナナハンだけが大型車なのだ。

 従って、「これ、ななはん?」との質問に対し、うっかり、「いえ、1200ccですよ」などと答えようものなら、

 「ふ〜ん、で、それはななはんよりおおきいんかい?」(それは750ccよりも大きなバイクなのですか?)

などの返事が返ってくることは間違いない。

※余談だが、「はーれー」「ななはん」だと信じているナンシーの割合は、全体の90%を越えると言われている。

 さらに、ここまで便宜場使ってきた「排気量」という概念だが、それを理解しているナンシーは皆無である…と言うより、ナンシーにそのような概念はない

 「cc」「ナナハン」等の言葉は、全て慣用句として使用されているのだ。

 

「これ、なんきろでんの?」
(このバイクはどのくらいスピードがでるのですか?)
 おそらく最高速に対する問い掛けと思われる。
 しかし、実はナンシーにとって、具体的な速度というものはまったく意味をなしていないのだ。 

 何故ならナンシーにとって、速度とは、「はやい」「おそい」の2種類しか存在しないからである。

 そして、ナンシーの頭の中には「おおきなばいくははやいばいく」の方程式が燦然と輝いるからである。

 全ての速度に関する質問は、この方程式を確認する為のものでしかない。

 従って、あなたの答えが何であろうと、それでナンシーの認識が変わる事はありえない。言い方を換えれば、ナンシーは、あなたの答えなど聞いていないという事である。

 「300km/h出ますよ」や、「80km/hが精一杯ですね」、あるいは「秒速30万キロです」と答えたところで、ナンシーは変らぬ返事をあなたに返してくれる事だろう。

 その返事とは、

 「へぇ〜…」(・・・)

 の一言である。

 

「おれもむかしはのってたんだよ」
(私も昔はバイクに乗っていました)
 これは要注意の鳴き声である。 

 何故ならこれは、ナンシーが昔話語りモードへ入る前兆と言えるからだ。

 あなたにもし、少々の時間と暖かい慈悲の心があるのならば、ナンシーの昔話にお付き合いするのも興味深い経験となることであろう。

 但し、この昔話は9割9分誇張されたものである事を強く意識して聞く必要があると言える。

 ナンシーの昔話の時代、大型バイクは途方も無く高価であった。

 ナンシーの話の中に「陸王」「インディアン」などという話題が出てきたならば、このナンシーは、とんでもない大金持の道楽息子だったたか、とんでもないホラ吹きかのどちらかである。

 「乗っていた」「一度乗ったことがある」であり、
 「持っていた」「借りたことがある」と翻訳しながらナンシーの昔話に耳を傾けよう。

 

「おれもめんきょはあんだけどな」
(私も2輪の免許を持っています)
 これは上記とは異なり、比較的安全な台詞であると言えよう。 

 何故ならば、ほとんどの場合、この後に続くのは、

 「もうのれねぇけどな」(今乗る事は難しいでしょう)

 であるからだ。

 もちろんここで言う「めんきょ」が、4輪免許のおまけで付いて来た2輪免許の事である事は言うまでもない。

 さて、では何故ナンシーは、今は乗れないのに免許を持っている事を我々に語り掛けるのであろうか?

 「あんたもワルなんだろう?」
 「おれもむかしはワルだったんだよ」

 そう、ナンシーにとって、バイクはワルの乗るものなのである。

 そして自分も(今は違うが)その仲間であった(と思っている)事を伝えたいのである。

 ここは広い心で「そうなんですか」と大きく頷いてあげる事が寛容といえるだろう。

 くれぐれも、

 「どうして今は乗っていないんですか?」

 「俺もフェラーリに乗れる免許持ってますよ。」

等の意地悪な返答をしないように心がけたいものである。

  

ナンシー、その種類


観光客ナンシー
 もっともよく観察されるのがこのタイプのナンシーである。 

 何故よく観察されるかについては、

 「旅行途中の浮かれ気味の精神状態がナンシーの本能を呼び覚ます。」

が最も有力な説として知られている。

 多少酒に酔ったナンシーが観察されるのも観光地の特徴だが、酔ったナンシーへの対応には非常な注意が必要とされる。

 先述の「昔話語りモード」が多いのはもちろん、

 「ちょっとのらしてみろ」(あなたのバイクに乗ってみたいです)

 などと強引に迫られる場合もあるからだ。

 このような場合には、

 「このバイク、200万円するんですよ」

 「倒したら修理費は40万円くらいかなぁ?」

などとやさしく諭してあげる事が、ナンシーにとっても我々にとっても、一番平和な解決策であると言えるだろう。

 

地元民ナンシー
 こちらが旅行中の場合に遭遇するナンシーである。 

 大抵の場合、相手は行動中(仕事や散歩)であり、物珍しさから話し掛けてくる事が多い。

 この場合、ナンシー自体も行動中である事から、長時間しつこく話しかけてくるような事はほとんどなく、わずらわしさを覚える事も少ない。

 逆に、ナンシーから地元民ならではの情報を収集できる事もあるのだ。

 この種のナンシーとの遭遇は、旅行の一エピソードとして楽しみながら応対するのが最も冴えたやり方といえるだろう。

 

子連れナンシー
 子供と一緒にやってくるのが子連れナンシーである。 

 その鳴き声は、全て子供に対する問い掛けの形で行われる。

 「すごいねぇ〜」
 「おっきなばいくだねぇ〜」
 「かっこいいねぇ〜」

 これらの鳴き声は基本的に同行の子供へ問い掛けであり、こちらに対するそれではない

 従って、「いやぁそれほどでもないですよ」などと生真面目に答えると、返事が帰って来ずにバカを見る場合が多い。

 明確なアクションがあるまで黙殺するのが肝要といえるだろう。

 但し、子供のナンシーの動きにはくれぐれも注意していたいものだ。

 焼けたマフラーに子供の手形が残るような事があると、マフラーを買い換える必要と共に、いろいろ面倒な事態となるからである。

 

集団ナンシー
 複数のナンシーが同時に現れる事も珍しくはない。観光バスの乗客のナンシーにこのタイプが多く見られるようだ。 

 この時、ナンシーのナンシー的会話は、彼ら内部で処理されてしまう場合が多い。

 「これ、なんしーしー?」(このバイクは何ccでしょうか?)
 「ななんはんじゃねぇんかい?」(きっと750ccでしょう)
 「なんきろでんだろうねぇ」(スピードはどれくらい出るのでしょうか?)
 「はええんだろうねぇ」(きっと早いと思います)
 「しかしおっきいねぇ」(それにしても大きなバイクですね)
 「おれらにはもうのれないね」(私達が乗ることは難しいでしょう)

 こちらが応対しなくても一通りの儀式が行われ、満足したナンシー達が燦々轟々去って行く…などの自己完結現象もしばしば観察されるようだ。

 ある意味とても扱い易いナンシーと言えるだろう。

 しかし、更に大勢の場合は、その集団心理から過激な行動(※前述「ちょっとのらしてみろ」等)に移る場合もあるので注意は怠り無くしたい。

 

はぐれナンシー
 一匹狼のはぐれナンシーは非常に取り扱いが難しい。 

 もともと寂しがりやのナンシーだけに、うかつに返事をするといつまでも話し続けるだけでなく、こちらにも、返事、相槌等が要求される。

 急いでいる場合には非常に迷惑なナンシーであるといえるだろう。

 但し、気をつけねばならないのは、このはぐれナンシーと「年季の入った親父ライダー」との区別がつきにくいところである。

 百戦錬磨の親父ライダーをナンシーだと思い込み、いいかげんな応対をして、逆にやり込められてしまったライダーの数は決して少なくないという。

 どちらか判断がつきにくい場合には、
「ネモケンのリアステアって今一つわかりにくいと思いませんか?」
などと、業界用語を絡めた質問で様子を伺うことが必要であろう。

 

若年層ナンシー
 ここまで比較的高年齢のナンシーを対象に述べてきたが、唯一の例外がこの若年層ナンシーである。 

彼らは20歳前後(もしくはそれ以下)の若者である場合が多い。

またその興味は、大排気量車というより、1980年代のバイクに向けられる場合が多いのだ。

懐かしさから80年代の中間排気量車に乗る親父ライダーが、自分の息子のような年齢のナンシーから「これ、なんしーしーっすか?」(このバイクの排気量は何ccですか?)と問い掛けられる場合も多いという。

近年の「旧車ブーム」という訳のわからない風潮の影響である事は間違いないだろう。

また、このような場合には、高年齢ナンシーと親父ライダーの見極めが大切であるのと同様に、若年層ナンシーと珍走団構成員との見極めが大変重要なポイントであると言えよう。


 ナンシーへ戻る