☆ ナンシーを探せ! ☆

ナンシー回避計画


 愛すべき我らがナンシー。

 しかし、時にはこちらに近寄ってきて欲しくない事もあるだろう。

世間の喧騒を避け、静かな一人旅を楽しみに来たソロツーリング。

彼女(彼氏)と2人きり、甘い時間を過す旅の途中。

ぴりぴりと神経の張り詰めた、峠走りの前。

 こんな時には、普段は嬉しいナンシーからの呼びかけも邪魔者にしか感じられないはずである。

さて、ではそんな時の為にナンシーを避ける方法を考えてみよう。


 
ワイルド系
 先述のとおり、ナンシーは強面ライダーには話し掛けない傾向がある。 

 長髪にサングラス、無精髭。

 スキンヘッドやモヒカン頭。

 じゃらじゃらした銀アクセサリーや、鼻ピアスもナンシーを遠ざける為の有効な小道具となる事だろう。

 但し、小鼻から下がるプラチナのリングには、周囲の注目が違った意味で集まる事に間違いない。

 また、一つ残念な事があるとすれば、突然ワイルド系になる事は、そう簡単ではないということだ。

ナンシーに近寄って来て欲しくないからといって、ツーリング途中でいきなりスキンヘッドになるのは、少々勇気のいる行為である。

 

レーサー系
 マシンはもちろんレーサーレプリカ(あるいはスーパースポーツ) 服装はもちろん革ツナギである。

 派手なツナギの背中に大きく名前(もしくは愛称)を入れ、フルフェイスのヘルメットを片手にクールに佇めば、ナンシーも近寄って来ないに違いない。

 この時、くれぐれも注意しなければならないのは「小僧系」にならない事である。

 革ツナギの上に羽織った汚れたトレーナー

 流行のステッカーを節操無く貼ったヘルメット

 白ゲルコートのままのカウル

 これらのアイテムは極力避けるべきであろう。

 低年齢に見られやすい「小僧系」は、意外にナンシーを呼び寄せ易いものなのだ。

 純然たるレーシングスーツを身に纏っていた場合にも、安心する事はできない。やりすぎには充分な注意が必要である。

 脊椎パッドの上部に、空気の乱流を防ぐ為のコブまでもが付いていると、「にいちゃんそこにはなにはいってんだい?」(そのコブは小物入れですか?)と、却ってナンシーを呼び寄せる要因にもなりかねないからである。

 

倶楽部系
 恐れをしらない集団ナンシーに対抗するには、こちらも集団になるしかないだろう。 

 できればオーナーズクラブ等、一車種による集団が望ましい。

 一車種による集団は周囲へ威圧感も大きなものである。集団ナンシーはもちろん、はぐれナンシー等をも防ぐ事ができるだろう。

 もちろんこの場合、揃いのウインドブレーカー、もしくはGベストが必須である。

 但し、「ライオンは弱った水牛から襲う」の例えのとおり、集団の中にいるからといって安心していてはならない。

 「このひとならあんしんだぁ」とばかりに目をつけられ、何時の間にか仲間から引き離され、駐車場の片隅でナンシー達に囲まれてしまう可能性も皆無とはいえないからだ。

 

珍走系
 昇天ライトに3段シート、直管マフラーにゴッドファーザーのテーマを轟かせながら走れば、ナンシーなど近寄る隙はないだろう。 

 しかしあなたのライダーとしてのプライドがズタズタに引き裂かれる事は間違いが無い。

 また大切な友人達を無くす結果にもなるだろう。

 違った種類の知り合いは増えるかもしれないが、それを友人と呼べるかどうかははなはだ疑問である。

 

究極技
 実は、ナンシーを寄せ付けない確実な方法がある。 

 それはナンシーに、話し掛けるきっかけを与えない方法である。

 「これ、なんしーしー?」 ナンシーのこの鳴き声を封じ込めてしまおう。

 さぁ、あなたのバイクのタンクに、こう大きく書いてしまうのだ。

 「これは1200ccです」

 これで、ナンシーが話し掛けてくる事はなくなるはずである。 


 ナンシーへ戻る