☆ ナンシーを探せ! ☆

ナンシー身辺探索


 何処からとも無く現れ、ライダーを混乱の渦に巻き込む我らがナンシー。

しかしそんな彼らにも、日常の生活というものが存在しているはずなのである。

家庭で、

学校で、

そして仕事場で。

ナンシー達はその真の姿を隠し、他の人々と一見変わらぬ日々を過ごしているに違いないのだ。

そう、今この瞬間にも、ナンシーはあなたのすぐ隣にひっそりと佇んでいるかもしれないのである。

さぁ、それではそんな身近に潜むナンシーを探索してみよう。


<問いかけ>
「私、バイクに乗っているですよ。」
  
 身近に「あの人はもしかするとナンシーでは?」と疑いたくなる人物が存在した場合、上記の問いかけを試してみるのが最も良い方法である。 

 何気ない会話の途中にさりげなくこの問いかけを紛れ込ませる事で、相手のナンシー度がたちどころに明らかにされるのである。 

 初対面の挨拶、もしくはなんらかの自己紹介の際だけではなく、旧知の人物にも是非試していただきたい。 
  
 またこの問いかけは、女性から男性に行われた場合に特に有効であることが証明されている。女性ライダーは勇気を持って問いかけていただきたい。 

 こちらからの問いかけではなく、相手からの「休日は何をしているんですか?」等の問いに対し「ええ、バイクで近所をトコトコ走っています。」等と答えることも非常に有効な方法だといえる。 
 「バイク」という単語を強調することなくさらりと言い放ち、相手の反応を待とう。 

 但しこの場合、注意しなければいけないのは、「HMSに夢中です」「筑波で8秒切るよう練習しています」「ガレ場でゲロってます」等、相手に不信感を抱かせるような意味不明の回答は禁物であるという点である。 

 この時点では、相手がナンシーか否かはもちろん、バイクに興味があるのかさえ明確になってはいない。 

 不注意な質問で相手を怯えさせ、今後のあなたの日常生活に支障が出る事のないよう、十分な注意を払うべきだろう。 

 さあ、それでは下記の例を参考に、この問いかけに対する回答から、相手のナンシー度を判定してみることにしよう。 
  
 

<回答例1>
「へぇ…、それ、なんしーしー?」
  
 ナンシー度100。 
 ナンシーである。 

 この人物に対しては、以後「ナンシーの◎◎さん」との接頭語を付けて(内密に)呼ぶ必要がある。 

 住所録や電話番号簿等への記載にも「@NCY」等の記号をつけ、他の知人と明確に区別しておく必要があるだろう。 

 また、この人物を知る友人(バイク乗り限定)が存在する場合には、当該人物がナンシーであることを伝え、注意を喚起しておきたいものだ。 

 何故ならば、ナンシーに対し注意が必要なのは、ツーリング途中に限った話ではないからである。 

 日常生活において、ナンシーを相手にうっかりバイクの話題を持ち出し「昔話語りモード」に入られた場合、あなたや友人の貴重な時間が大幅に無駄遣いされることは間違いないだろう。 

 

<回答例2>
「へぇ、そうなんですか…」 
  
 バイクに興味の無い一般人である。 

 このままバイクの話を続けるかどうかは非常に微妙な問題といえる。 

 何故なら、残念なことに一般人においては、未だ「バイク=珍走団」のイメージが根強いからである。 

 あなたに、このイメージを覆すだけの弁舌を揮う気力と時間はあるだろうか。 

 もし、あなたと相手との間に社会的な利害関係が存在するのであれば、早々に話を切り上げるのが賢明な判断であるといえるだろう。 

 無論、相手が親しい友人の場合には、バイクの楽しさについて啓蒙する絶好の機会であるともいえるのだが。 
  
 

<回答例3>
「へぇ、何に乗っているんですか?」
  
 非常に判断が難しい回答例である。 

 一見、バイクに多少は興味のある一般人にも思えるが、ナンシーが偽装している可能性もあるからだ。 
 後述するが、更にそれ以外の可能性も存在する。 
 更なる検証が必要といえるだろう。 

・・・

 さて、この検証において最も重要なのは、この回答の最初の「何に」バイクの「何」を問いているのかという点である。 
  
 まずはさりげなく首をかしげ"何"と言われますと?」と不思議そうに再度問いかけてみよう。 

 その回答のパターンから、相手の本質を見抜く事ができるに違いない。 
   
   



パターン1:「おっきいの?ちっさいの?」
  
  
 こう答えてきた時点で、この人物はナンシーである。 

 この場合の「大きい小さい」は、バイクの排気量についてである。 

 すなわち、排気量が50cc以上か否かを問うていたのである。 

 以前、「ナンシーにとって排気量の基準はすべて750cc」と記述したことを覚えているだろうか。 

 そう、バイクが目の前に存在する場合、ナンシーにとって大きい(と見える)バイクはすべてナナハンである。 

 しかし、バイクがそこに無い場合、ナンシー内部では自動的に原動機付き自転車(同義語:ゲンチャリ)とそれ以外に分類されるのだ。 

 ナンシーにとってゲンチャリはバイクではない。 

 ゲンチャリはゲンチャリという別の乗り物なのである。 
※原動機付自転車が目の前にあり、それをナンシーがナナハンだと思っている場合を除く。

 もしナンシーが、あなたがゲンチャリではないバイクに乗っている事に納得した後、更に質問してくるとすれば、その質問は「じゃぁなんしーしー?」「もしかしてはーれー?」の何れかに違いないだろう。 
  
   



パターン2:「アメリカンって奴?」
  
  
 「何」が上記のようにバイクの種類を問うている場合、ナンシーである危険性は比較的低いといえるだろう。 

 多少はバイクの知識がある証拠といえるからだ。 

 しかし油断は禁物である。 

 安心して「いえ、ネイキッドなんですが」と答えても、「へぇ・・・で、それってはーれー?」などと返される場合があるからだ。 

 このような場合には、即、相手をナンシーに認定し、話をバイクから逸らしながらその場を切り抜ける必要があるだろう。 

   



パターン3:「CB?それともZとか?」




 具体的な機種(車種)を問いかけられた場合、十中八九、相手は親父ライダーであろう。 

 さほどの危険性は無いと思われる。 
 身近に発見したバイク好きとの会話を存分に楽しむ事ができるだろう。 

 唯一、注意点があるとすれば、親父ライダーと「盆栽先生」を見誤ってはいけないという点である。 

 似て非なる存在の「親父ライダー」と「盆栽先生」であるが、一部重複する部分があることも見逃してはいけない事実である。 

 会話中にわずかでも違和感を覚えた場合には、より詳細なチェックを行う事が必要だろう。 
※「盆栽先生」については別コンテンツにて。
  
  

今そこに居るナンシー…

 さて、あなたの身近にいるナンシーは発見できただろうか。 

 1人見つかればその30倍は存在していると伝えられるナンシーだが、決して恐れるべき存在ではない。 

 身近に存在するナンシーは、あなたのバイクライフに刺激を与えてくれる存在にもなりえるからだ。 

 さて、ここで重要な点がひとつある。 

 それは、今後あなたの日常生活の中で、意外な人物から「実は私、バイクに乗っているんです」とさりげなく打ち明けられた場合、嬉しさのあまり「へぇ、それってなんしーしー」などと尋ねてはいけないという点である。 

 もし、相手が当HPの閲覧者であった場合、あなた自身が「ナンシー」と認定されてしまうに違いないからだ。 
  
 


 ナンシーへ戻る