YAMAHA SEROW 225WE (4JG6)

☆ 悪戦苦闘編 ☆

オフロード装備考



<2006年11月>

  なにがどうなんでしょう?
 オフ車を買ったとなれば、必要なのが専用の装備だ。

 もちろん俺は何一つ持ってはいない…というか、何が必要なのか見当もつかない。
 さて、ではいったいどんな物から揃えていけばいいのだろう?

■ブーツ

 ほんの軽くではあるが、初めてちゃんと未舗装路を走って感じたのがオフロードブーツの必要性だ。

 まずとにかく足にぶつかってくる物が多い。
 
 前輪が跳ね上げた小石。路肩の木や枝。そして道路に落ちている怪しげなもの。
 これらが脛あたりにがしがしと当たってくる。

 転倒が当たり前のオフロードでは、足がバイクの下になってしまうこともあるに違いない。
 さすがに隼ほど重い事はないだろうが、足を守るものが頑丈であるに越した事はない。
 専用品で「がっちりガード」してやる必要がありそうだ。

 ところがこのオフブーツというシロモノ、調べるといろいろな種類がある。
 大きく分けても、モトクロス用、エンデューロ用、トライアル用、モタード用とある。

 モトクロス用は頑丈で足首も硬いらしい。
 なにしろ「跳ぶ」がメインの競技(?)だ。多少の衝撃ではびくともしない構造になっているのだろう。

 エンデューロ用も頑丈だが、足首は比較的柔らかく歩きやすいそうだ。
 モトクロスをロードのスプリントとすればエンデューロは耐久レース。それも公道レースに近いかも?との事。
 「バイクを降りて押す」という要素があるだけに、歩きやすい構造になっているそうなのだ。。

 トライアル用は全体的に柔らかく、操作性重視。
 履き心地はいいが、耐衝撃性と耐久性に難あり。
 特殊な競技だけにこれは仕方ないだろう。

 モタード用はまだまだ発展途中らしい。
 基本はエンデューロ用だが、靴底はロード用に近くフラット気味。
 操作性は良いが、ガレ場を歩くのは苦手そうだ。

・・・とまぁ、下調べをした上でオフロードの先達に聞いてみると、林道遊び用のブーツとしてはやはり「エンデューロ用」のものが良いだろうとの事だった。

 よし、ならエンデューロブーツを買おう!いや、買わねばなるまい!

 問題は…ロード用に比較して格段上の価格。
 長く使えるものだから多少高くても良いものを…というのはわかっているのだが、いざとなると予算がなぁ……

■ヘルメット

 本当はオフ用のヘルメットも欲しいところだ。

 長年「オフメットって何であんな形なんだ?」と不思議に思っていたのだが、調べてみるとその理由がわかってきた。

・転んでも顎を打たないようなフルフェイス型
・日差しを遮るバイザー(空力は度外視)
・呼吸が荒くなっても息苦しく無いように口元あたりにスペース
・同様にシールドだと曇るのでゴーグル着用可な形状

「う〜ん、やっぱりちゃんとした訳があるんだな…」

 ただ、俺が使うとなると、本格的なオフロード用には難点がある。
 それはゴーグル使用が前提となっている点だ。

 眼鏡でさえ煩わしいのにゴーグル必須というのは困る。
 かといって、裸眼のまま走るのは自殺行為・・・となると・・・

 どうやら同じように考えている人は多かったらしく、巷では「形はオフタイプだがシールド付き、かつバイザーを取り外せばオンロードでもOK」なタイプのヘルメットが売られている。
※AraiだとTOUR-CROSS、TX-Motard。SHOEIだとHORNET

 これなら弊害は無い。買うならこのタイプだろう。
 尤もこちらも予算の関係で(というか俺が貧乏性の為)買うのは次のフルフェイス買い替え時にという事になりそうだ。

 当面は(顎のガードには目をつぶり)視界の広いジェットを使う予定である。

■その他

 その他のオフ装備はどうだろう?

 ニーシンガードは欲しい膝を壊して歩けなくなるのはもうこりごりだ。
 
 今のコレでもいいが、もう少し手軽でオフロードでの動きを考えたものも1つは欲しいところ。
 ゴツくなく、Gパンの下に装着できるようなものが良い。
 価格もさほどではないはずだし、良さそうなものがあったら購入してしまおう。

 モトパン・モトジャージの類はまったくわからない。
 そもそも、何の為に着るのかさえも知らないのだ。
#「パッドを付けるから?」「汚れるから?」「汗をかくから?」
 当面はGパン・古ジャケット(パッド付き)で対応する予定。後はもう少し経ってからだ。

 ブレストガード的なものもあれば良いのだろうが、正直林道には大げさすぎる気がする。
 これも「周りを見ながら」という事にしておこう。

 あとはグローブだろうか。
 「オフ用」と称するグローブは、なぜか皆薄い。
 もちろん操作性重視なのだろうが、これからの季節は厳しそう。
 絶対速度が低く、ハンドガードがあるから手に当たる風は少ないのだろうが、それでも真冬には使えそうも無い。
 これまた当面はオン用を流用する事にしよう。

 というわけで、訳がわからないなりに欲しいものがぞろぞろと増えてきた。
 これからぽつぽつ揃えるとして…ああ、昼のカップラーメンをまたミニにしなければ…
 
 



Copyright 2006 Akira

 SEROWへ戻る