YAMAHA SEROW 225WE (4JG6)

☆ メンテナンス編 ☆

フロントブレーキキャリパー清掃記

 こちらも洗ってやりましょう   んでもって交換してやりましょう 

<2006年11月>
  こちらも洗ってやりましょう
 さて、キャブもOHしたことだし、次はブレーキキャリパでも掃除してみるか。
 
 買ったときのまま放りっぱなし(さすがにパッド残量のチェックはしてある)のフロントブレーキキャリパ。
 インプレで書いたように、効きとしてはいま一つ
 これが直るかどうかは別にして、一通り洗ってやるとしよう。

 シングルキャリパだし、特に面倒なことも無く…と思っていたのだが、なんと最初から躓いてしまう。
 「あ〜、どうなってんだ?これ。」


とりあえずこのボルトを外してみたんですが

 フォークからキャリパを外してはみたものの、パッドが取れる気配が無い
 
 セローは2ポッドの「片押し」キャリパ。
 対向ピストンと異なり、ブレーキをかけピストンに圧力がかかると、キャリパ本体がスライドする事で左右のパッドに均等に圧力がかかる仕組みになっている。
 従って、パッドがハメ込まれているのは本体とは別の部分。
 
 「どうやるんだったかなぁ…」
 考えてみれば、この手のキャリパをバラすのは実に久しぶりなのだ。


パッドってどうやって外すの?

 散々首をひねったあげく、一度キャリパをフォークに戻し、スライドする本体を止めている方のボルトを外してみる。

 2つに分かれるキャリパ。

 パッドはフォーク側のパーツに残り、やっと外すことができるようになった。

 「やれやれ、基本的なところでも普段やらないとわからないもンだねぇ…」


今度はこっちのボルトも外してみます


やっとパッドが外れます
 

 ブレーキレバーを握ってピストンを出し、状態をチェック。
 
 確かに汚れてはいるが、そう悪い状態ではない


サビは少なそう

 毎度おなじみ「シンプルグリーン」と歯ブラシできこきこと磨く。
 
 水で汚れを流し、コンプレッサーのエアでブロー。これはあっという間に乾くので実に便利だ。
#そういえば、このコンプレッサーのレポートしてなかったな…

 綺麗になったブレーキピストンに、綿棒でシリコングリスを塗る。
 パッドのガイドも磨いてこちらにもグリス。これで掃除は完了だ。
 


綺麗になったでしょ?

 ピストンをもみながら引っ込ませる準備として、マスタシリンダのリザーバタンクを開けてやる。
 ついでにここも掃除して…「うわ、なんだこりゃ?」

 前回開けた時は気づかなかったのだが、中のゴムがてろんてろんになっている。
※この前はゴムを蓋の裏につけたままチェックしていた。

 蓋の内側も結構な腐食具合。
 む〜、これは交換してやりたいところだが……オフ車で市販マスタに交換したって話聞かないよな。どうするんだろ?後で調べてみなければ。

 リザーバの蓋を開けたままゆっくりとブレーキピストンを戻す。じわりと戻る感じからすると、シール類はまだ大丈夫そう。
 
 てろてろゴムに気をつけてリザーバの蓋をしめる。
 後はパッドを組み込み、キャリパを取り付け、ゆっくりブレーキレバーを握って遊びをとればOKだ。


作業完了
 

 後日のツーリングで早速ブレーキテスト。
 
 効きは…正直あまり変わりなしか?

 まぁこれ以上の効きはパッド交換の時に考えるとして、今は「洗ってある」という事だけで満足しておくか。
 
 考えてみればオンロードではともかく、オフじゃこれ以上の制動力はいらないしなぁ。
 


<2008年1月>
  んでもって交換してやりましょう
 そして一年が経過(笑)

 上記「てろんてろんゴム」の新品はすでに手元に来ていたのだが、なかなか交換する機会がなかったのだ。
 今日は天気もいいし湿度も低い。さくさく交換してやるとしよう。

 どれどれとフルードタンクの蓋を開けると・・・「うう、やっぱ凄いなこの状況は」

 ゴムのテロテロ具合は言うに及ばず、蓋裏側の腐食が凄い。

 フルードの漏れでこうなってしまったのだろうが・・・普通ここまで荒れないと思うのだが。


結構凄いでしょ?

 これまで派手にひっくり返ったり崖から落ちたりしているが、フルードが漏れることはなかった。だがこの状態を見ると単なる僥倖だったのかも。

 せっかくなのでフルードも交換する。(←さほど汚れてはいなかった)
 
 交換後、タンクの縁を綺麗にさらってから新しいゴムをセット。
 蓋の裏側も綺麗に汚れを落とし(というより削ったというのが正解か?)縁も面をだしてやる。

 締めすぎないように気をつけながらネジを留めれば完了。うん、これで一安心だな。

 それにしてもこのフルードタンク、塗装が剥がれた見た目はやはりいまひとつ
 以前のように交換する気はなくなりつつあるけど、再塗装とかも考えてみようか。

#普通の缶スプレーでも大丈夫なんだろうか?



Copyright 2006 Akira
 SEROWへ戻る