■YAMAHA SEROW 225WE (4JG6) セロー メンテナンス編

 

バッテリー交換記


メンテというより備忘的に

 

<2013年6月>

考えてみれば

「ロングツーリングの途中でセルが動かなくなると困るよねと君が言ったから、2013年はバッテリー記念年」

 先日VMAXのバッテリーを交換し、セローはどうだったかな?とひいふうみいと経過年数を数えようとしたのだけれど、「あれ?そういえばセローのバッテリーって何時交換したんだったっけ?」

 記録が見当たらない。というか買った覚えがない

 ううむ、ということは2006年11月に購入したままなのか。
 しかもうちのセロー、ショップで引き取る時に「そろそろバッテリーの交換が必要かもしれません」とか言われた気がするんだよな。

 そうすると、7年近い年数に加え俺が買うまでの期間(もしかすると製造された1999年からずっとかも?)使われ続けているのに今日も元気にセルが回るセローのバッテリー。
 さすがは純正採用品。おそるべしは日本のGS。

<余談>
 セローのようにもともとキックでもエンジンがかかるフライホイールマグネトー点火のバイクはバッテリーへの負荷が低いと聞くのだけれどどうなのだろう?
 確かに消費電力は低い気がするし、点火系と充電系が別なので出たり入ったり(?)は少ないように思えるのだけれど。

 ともあれ、気づいてしまったからには仕方がない。

 例によってお盆にはロングツーリングを計画しているし、VMAXにも買ってやったところだし、ここは気前よくセローにも新品バッテリーを奢ってやるとしよう。


 さて、「VMAXにも買ってやったところ」とは言うものの、さすがにリチウムイオン系バッテリーにするつもりはない。

 価格的にアレというのはもちろん、充電系の機構がラフ(?)な気がするセローに繊細なリチウム系バッテリーはちょい心配な気がするのだ。
#同じセローでもFI版なら大丈夫そう…とか思ったり。

 購入したのは昔ながらの鉛バッテリー

 メーカーはもちろんGSユアサ…と言いたいところなのだけれど、値段を調べて目玉が飛び出てしまう。
 目玉をしまいこみながら買ったのは台湾ユアサ製。一応「ユアサ」の名前が付いていることだし、この辺りで妥協しておくとしましょうか。

<余談>
 それにしても最近の二輪車の国産バッテリーは高すぎる。
 材料の件もあるだろうけれど、売れる量に比べ種類が多すぎるのも一因だろう。
 車と違って格納スペースが限られているし、必要な容量の幅も大きいから仕方が無いとは思うのだけれど、多少妥協して共通サイズ化して容量ランクも統一すれば…って、まぁその辺り、メーカーは既にいろいろやってはいるとは思うのだけれどね。


 セロー(225WE、4JG6)の純正指定バッテリーはGT6-B(GS)
 これは既に廃盤のようで、後継品として指定されているのがYTZ7SL(GSユアサ)
 そしてこの品番に対応する台湾ユアサ品が、TTZ7SLになる。
#先頭のTはやっぱTaiwanのTなんだろうか?


箱のデザインもなんとなく台湾風で(?)

 新バッテリーは念のため一晩かけて補充電。

 旧バッテリーを取り外して新旧比較。


もちろん同サイズです

 そういえば、外したバッテリーは純正のGS品だった。
 これが廃版になったのは結構前のはず。となると先のもしかして新車時のまま?という可能性は結構高いのかもしれない(笑)

 交換作業に関しては特に記載することなし。
 外したままに付けるだけ。

 ところで、ショップでバッテリー対応表とかを見ると、225WEのセローにはバッテリーにオプション品が必要だと書いてあることが多い。
 だが今回特に必要になった・気になる場所は無く、そのまま取り付けられた。
 いったい何が必要なのだろう?どうやらコネクタ部の部品らしいのだけれど。

※確かに車体側のコードは、プラスは横(手前)から、マイナスは上からと変わった取り付け方法をしてはいる。
 でも最近のバッテリー端子はどちら側からでも接続OKになっているので問題なしなのだ。


 指差し確認してキーオン、メーター・セル共に問題なしっと。

 そうそう、今後の為にこれを貼っておかなくては。


これで忘れても安心です

#この後、ちゃんと上からベルトで固定しましたのでご安心を(笑)


 
戻る SEROWへ戻る