☆ スキー物語 ☆


冬の代表的スポーツ、「スキー」。
無論、最初から上手に滑れるはずはありません。

※この作品は基本的にフィクションです。 実在する人物、団体等とは原則として関係ありません。 良く似た事実をご存知の方がいたとしても本作品とは多分無関係ですので、深く言及しないでください。(爆)

 表紙へ戻る

第一部 哀初心者編 / 第二部 疾風怒涛編 / 第三部 雪中慕情編 


第一部 哀初心者編

スキー夜明け前

 年は悩んでいた。
 会社の同僚からスキーに誘われたのだ。
 青年は20才になっていたが、「スキーはお金持ちのスポーツ」というイメージが強く、未だ体験したことがなかった。
 学生時代からスキーをしている青年の同僚は「楽しいぜえ!」と彼を誘う。聞けば、今回は初めてスキーに行く人が他にもいると言う、「チャンスかもしれない。」心を決めた青年は、生まれて初めてのスキーに行くことを同僚に伝えた。

 くことは決めたものの、当然、道具もウエアもない。
 「どうしよう?」
 見かねた先輩社員がお古の板を譲ってくれた。青年を誘った同僚は、やはりお古の靴を貸してくれるという。後はスキーウエアのみ、ここまでお膳立てされてしまった青年は、次の週末、ウエアを買いに繁華街へ向かうのだった。

 も左もわからない青年を気遣ってか、買い物には会社の先輩が同行してくれた。
 スキー用品店でウエアを探す青年、しかし・・・「高い」。スキーウエアは青年が思っていたより圧倒的に高かったのだ。
 着るものにあまり興味を持たなかった青年にとって、当時持っていた一番高いウエアといえば「皮つなぎ」であったが、スキーウエアは上下をあわせるとそれを越す勢いである。更にゴーグル、アンダーウエア、耳あてなど、小物の類も馬鹿にならない。
 「元をとらねばな。」
 帰りがけ、スキーウエアの入った袋を抱えた青年は一人つぶやくのであった。

青年斜面に立つ

 日の朝は5時に出発だった。
 今日はどうやらよい天気になりそうだ。移動手段は先輩社員の四輪駆動の新車、一緒に行くのは先輩社員に誘った同僚、それに女性が一人。何と「初めてスキーに行く人」というのは女性だったのだ。「負けるわけにはいかない…」青年は根拠のないプライドが自慢だった。
 2時間ほど走ると辺りは雪景色に変わる、どうやら昨夜降ったらしい。「コンディションいいぞお」同僚は笑う、だが青年にとってはコンデションがどうかは問題ではなかった。
 「滑れるか否か、それが問題だ」
 「雪質」などと言う言葉は青年の「スキー辞書」にはまだ書かれていなかったのだ。
 峠を越え、下りになると路面は圧雪状態だ。
 先輩社員の運転は慎重ではあったが、カーブ途中で突然車がロールをはじめ、車体後部が左右に大きく振られた。どうやら一部アイスバーンだったらしい。
 運転の先輩社員はあわててハンドルを左右に切る、車は数回のロールを繰り返したあと、奇跡的に立ち直った。「ふうん、雪道のカーブはやっぱりカウンター当てないと曲がらないんだな・・・」冷や汗を拭く先輩社員の後ろで、青年は一人なるほどと感心していた。青年の「スキー辞書」には、まだ雪道走行の項目は見当らなかった。
 更に1時間ほどで無事にスキー場へ到着した一行は、着替えを済まし、ゲレンデへ向かった。
 センターハウスでリフト券を購入、「1日券買っても使い切れないと思うから回数券にすれば?」同僚の言葉にうなづく青年、結果から言えば回数券どころか毎回1回券を買った方がお得だったのだが。

 よいよゲレンデであった。
 そしてその前に大きく立ちはだかる「リフト」という壁、青年は大きく息を吐く、
 「リフトに無事乗った者だけがゲレンデを滑り降りる権利を有する」
 青年の「スキー辞書」に記念すべき第一章が書き込まれた。
(後に、「そして、リフトを無事降りた者」の一文が追加されることとなる。)
 幸いにして初心者ゲレンデのリフトは大変ゆっくりで、付き添う係員も勝手知ったる様子、青年は無事ゲレンデ上部に立つことが出来たのであった。

愛の初心者コース

 曜日ではあったが、ゲレンデは比較的空いていた。
 しかし、そもそも青年の目には他人の姿は映らなかった。
 「崖だ・・・」
 わずか斜度7%の初心者ゲレンデも、青年にとっては蔵王横倉の壁(改修前)と同様に映っていたのだった。
 同僚が青年と女性のコーチをしてくれるという。SAJ1級の資格を持つ同僚は「前を揃えて後ろを開く。膝を曲げて体重は前へ。」と青年を招く。
 「おおっ滑る滑る」新たな感覚の発見だ。
 膝を曲げてショックを吸収、視線は遠くへ、体重移動で曲がる等、バイクのライディングとスキーの共通点を多く見出した青年は、みるみるうちにスムーズに滑れるようになっていった。
(もっとも同行の女性も同様に滑れるようにはなっていったのだが。)
 同僚は「転ぶ」ことも練習した方がいい、と青年に言う。
 初心者のうちは、いざという時転んで停まれれば怪我が少ないからだそうだ。
 なるほどと思った青年は山側に転ぶ練習を繰り返す。この練習が後に青年の命を救うことになるとは、まだ誰も気づいてはいなかった。

 年は滑り、曲がり、そして転んだ。
 永遠に続くかと思われた初心者ゲレンデであったが「全てのものには必ず終わりが来る」という言葉のとおり、とうとう懐かしのリフト乗り場が見えてきた。
 そして到着。「終った。」青年はこみ上げる満足感を押さえ、同僚を振り返った。「降りてこられたよ」
 同僚は青年を見、小さく息を吐くと左手首の時計を覗き言った。
 「飯食お」
 初心者ゲレンデ1本降りてくるのに2時間かかった、という事実も青年の喜びを減らす要因にはならなかった。

昼と夕の狭間に

 めてのスキーに興奮していた青年は昼食も喉を通らないほであったが、その分ビールが喉を通っていった。
 「昼のビールに優るものなし」 また新たな一文がスキー辞書刻まれた。
(ちなみにこの一文は後日、青年の「ゴルフ辞書」にも書き加えられる事となる。)
 別行動を取っていた先輩社員に聞くと、既に20本近く滑ったという。
 「後は自分で練習するよ。」コーチ役の同僚に悪いと思った青年は、午後は自主訓練を行なう事にしたのであった。

 後、青年は黙々と初心者ゲレンデを滑り続けた。
 次第にペースが上がる。曲がる時の体重のかけかたはバイクと同じ外足加重、だが体の向きはバイクと逆、カウンターステアを当てる要領だ。それに気づいてから、青年は益々スムーズに滑れるようになっていった。
 「俺ってもしかして才能あるのかも」
 未だ他人が目に入らない青年は、小学生に追い越されながらも変な自信を持ちつつあった。
 「他のコースはどうなってるんだろ?」余計な考えが浮かんだのは悪魔のささやきだったのだろうか?よろよろと青年はコース案内図の前に立った。
 青年が今まで滑っていた初心者コースは青い色で示されている。その隣、やや上方にやはり青い色で示されたコースがあった。
 「ここ滑ってみようか?」
 コース下部が黄色の線になっているのが少し気がかりではあったが、青年はリフトに乗ろうとよたよたと進みだした。
 さっきより長めの乗車時間に不安を感じながらも、青年はリフトを降りゲレンデへ出た。
 「こっちのほうが広いかな」
 見渡すとすばらしい景色だ。中央に広がるゲレンデと遙かかなたに見える山々、天気は上々、青年は初めておちついてあたりの風景を楽しむ事ができた。
 「景色が良い=高い場所」の方程式に青年が気が付くのはもう少し後のことである。

振り向けば急斜面

 っくりと滑り出した。
 右、左、右、左、なかなか快調である。
 気のせいかさっきよりスムーズに曲がっているようだ。「調子いいなあ・・・」スピードが出ていると曲がり安い事に青年が気が付くのは、更にもうちょっと後の事である。
 半ば位まで滑ったであろうか、ふと青年は立ち止まった。
 「あれ、コースがなくなってる・・・」 
 コースがなくなっているのではなかった。そこからゲレンデは中級者コースになっていたのだ。
 最大斜度は約20度、青年にとっては崖というよりオーバーハングに近い。慌てた青年は辺りを見渡すが、中級者コースに迂回路があるはずがない。
 「どうしよう・・・」
 無論、降りるしかなかった。

 っぷり5分躊躇したあと、青年は覚悟を決めた。
 ゲレンデを滑りだす。まず右、そして・・・左に切り替える暇はなかった。バランスを崩した青年はゲレンデ端の立ち木へ一直線に向かって行った。
 「ぶつかったら死ぬ・・・」青年は覚悟をし、20年に渡る自分の人生を回顧しはじめた。
 走馬灯が回り始め、思い出が16才で初めてバイクに乗った時位まで来たとき、偶然ではあるが雪面のギャップに乗り、青年は派手に転倒した。
 ごろごろと雪面を転がった青年だが、それでも練習のおかげか無事に停まる事が出来た。
 「ああ、ご先祖様ありがとう…」
 この言葉は今でも青年の「スキー辞書」の巻末に金文字で書かれていると言う。
 無事停まったとはいうものの、中級者コースは始まったばかり、遥かかなたにうっすら浮かぶセンターハウスはまだ遠い。
 立ち上がった青年は己のうかつを呪いつつゲレンデを降りてゆく。
 何回転倒したことだろう、何回他人とぶつかったことだろう、何回小学生に追い越されたことだろう。気が付くと青年はセンターハウスのすぐ上まで来ていたのだった。

 と200m・・・
 その油断がいけなかったのだろうか、再度滑りはじめた青年は「ふっ」と自分の体が浮き上がるのを感じた、そして衝撃、転倒した青年の左足首のあたりで「ゴキッ」っという音が響いた。「あっ、骨折?」
 斜面を滑り落ちつつ青年は頭を抱えた。4月に入社してまだ8ヶ月、骨折、入院となれば来年のボーナスはないだろう。ローンで買ったスキーウエアの支払をどうしようかと考えていた時、やっと青年の体が停まった。
 おそるおそる足首を見る、痛くはない、だがなにかが足りない。
 「板はどこだ?」
 左足の板は青年より先にスキーハウスへ向かってしまっていた。
 「板には滑り止めが付いてるから外れてもすぐ停まるよ。」とは同僚談、しかし板は停まらない。「?」慌てて立ち上がる青年、その瞬間「冷たい!」板と一緒に、ブーツ左足の「底」が無くなっていた。
 靴底の付いた板の滑り止めが効くはずもなく、無常にも板はスキーハウス前へ到着する。呆然と立ち尽くす青年。やがてゆっくりと右足の板を外すと、青年はゲレンデを降りはじめた。
 「ブーツ内装」「劣化プラスチック」「ツボ足」などの言葉が青年の「スキー辞書」に書き込まれたのはこの時である。
 「歩いて降りるゲレンデは歩いて昇るゲレンデの100倍恥ずかしい」という格言もこの時生まれていた。

 では同僚達が待っていた。
 借りた靴を壊したことを謝る青年に同僚はうなづき返し「もう一つ古い靴があるけど使わないか?」という。青年が丁重に断った事は言うまでもない。
 帰り道、青年と女性は痣の数を競った。数はいい勝負だったが、青年の向こう脛に出来た巨大な青痣で勝敗は決した。
 「勝った!」青年のプライドはかろうじて守られたようだ。

大団円

 うして青年は初めてのスキーをまずまず無事で(?)過ごす事が出来た。
 無論、これは青年のこれから続く波乱万丈のスキー物語の、ほんの序章に過ぎないのではあったのだが・・・

 先頭へ戻る


 
 

第二部 疾風怒濤編

終りなき年末

 年は21歳になっていた。
 年の瀬も迫り、ボーナスの中身が気になる12月、ふと思い出したように会社の同僚が言った。
 「年末スキーに行かないか?泊りで。」
 断る理由はなかった。昨シーズン、青年は既に5回のスキーを経験していた。そして、ボーゲンなら大抵の所は降りてくる自信がついていた。むろん無傷と言うわけにはいかなかったが。
 青年は同僚に行くことを伝えた。年末の30日深夜出発し、翌年2日に帰ってくる予定だという。総勢8名、結構な大所帯だ。初めての宿泊スキーに青年の心は昂ぶっていった。

車輪の下

 の日が来た。
 青年と同僚、そしてその友人達は2台の乗用車に分乗して目的のスキー場へと向かった。
 いつものスキー場とは異なり、片道には6時間ほどかかるという。
 「運転は交代な。」同僚が言う。
 青年はふと、自分はまだ車で雪道を運転したことが無い事に気が付いた。
 「まあいいか、雪道担当ってわけでもないし。」
 青年の順番の時、道路は当然のようにしっかりと圧雪された峠道に変わっていた。

 年とて男である。「雪道が恐い」などとはおくびにもださず、平然と運転を代わった。
 未だスタッドレスタイヤなどない頃の話である。スパイクタイヤを4本履いたとはいえ、車はLSDもABSも付いていないFRのセダン。青年はびっしょりと汗をかきながら運転を続けた。
 何も知らない同乗の友人達は、幸いにして寝てしまったようだ。青年の運転する車の後ろからもう一台の車が付いてくる。
 これだけの圧雪路、しかも深夜の運転だ、どんなにゆっくり走っても「いやあ、見通しが悪くてさあ」となんとか言い訳は立つであろう、「慌てる事は無い…」。そんな青年の思惑も、新聞配達のバイクに追い越された時点できれいさっぱりついえてしまっていた。

 もあれ、寝ていた友人達がそのまま永眠する事も無く、翌朝車は無事にペンションへと到着した。
 目的の著名なスキー場は目の前だ。チェックインを済ませた男達は、さっそくペンションの送迎バスでスキー場へ向かう。
 「雪が多いんで頂上からふもとまで滑れるよ。」ペンションのオーナーが笑いながら言う。
 「良い時に来たよな。」うなづきあう青年と友人達。それがはたして良かったのかどうか、後に青年達は身をもって知る事になる。

スキー!スキー!スキー!

 フトの長さは桁違いだった。
 さすがに著名なスキー場だけのことはある。一本一本の長さと共に、青年はその数に驚いていた。
 「何本乗っても頂上がみえないなあ・・・」
 少しは学習した青年は「高い所=急斜面」の方程式を思い出していた。リフトから見下ろす斜面は皆一層急に見える。「危ないかもしれない。」、青年は唇を噛み締めた。
 やがて到着した上部ゲレンデは意外にも比較的緩やかな斜面であった。ほっとする青年。
 「この位ならいけるかも。」
 今回同行した友人達は、上級者、中級者、そして青年と同じ位の技量のものと様々なレベルのスキーヤーである。「ともかく、負けるわけにはいかない。」相変わらず変なプライドを持った青年であった。
 最後の頂上へ向かうリフトはシングルリフトであった。
 さすがにスピードが早い。だが青年は昨年来の経験を活かし、この試練を無事乗り切った。リフトの横板でふくらはぎに付けた青痣は勝利の証に違いなかった。
 降り場も同様に問題であった。
 「シングルリフトの降り口はペアリフトの半分の幅で倍の角度を持つ」
 後に「リフトの法則(その1)」と呼ばれるこの事実に青年が気づいたのは、外れた板を付けなおし、首筋から入った雪を払い落とした時のことであった。
 頂上は深雪であったが粉雪、青年の腕でも充分に楽しむ事の出来るすばらしいコンディションであった。
 青年達はそれぞれの技量に応じたスキーを楽しむ。深雪の中ウエーデルンを刻む者あり、高速パラレルで雪を蹴散らす者あり、ボーゲンでまっすぐ下る者あり。「来てよかった。」青年はボーゲンでまっすぐ下りながらそう考えていた。

 から動き続けた青年達は空腹に耐え切れず、早めに昼食を取る事にした。
 既に青年は食事に関して「ゲレンデ食に美味いものなし」との悟りを開いており、昼食はどちらかというとビールを楽しむ事を心がけていた。
(もっとも後年、このことに気が付いた各スキー場の努力により、かなり「まし」にはなっていったのだが・・・)
 食事も済み、午後。少々荒れてきたゲレンデを離れ、青年は少し下のコースへ行ってみる事にした。
 この「少し下のコース」が、このスキー場名物の「こぶ斜面」であることに気付いたのは、青年がそのゲレンデの上部に立ち、おそるおそる下を覗き込んだ時の事である。

BREAK-THRU

 年はこぶ斜面が苦手だった。
 ちなみに急斜面も苦手だったし、アイスバーンはもっと苦手だった。もっとも「じゃあ得意なのは?」と聞かれたとしても首を傾げるしかなかったのだが。
 ともあれ滑り出した。
 もう去年までの青年ではない。こぶ斜面は、こぶの頂上でターンすると曲がり易いこと。こぶの谷側を滑る時、体が遅れないよう注意することなどを既に学んでいた。しかし、学んだことと実践出来る事はまったく別であった。
 青年は、こぶの頂上へスキーの先端を刺して転び、また、こぶの向こう側へ滑り落ちて転び、こぶの谷間に足を取られ転んだ。とにかく転んだ。あきれるほど転んだ。
 「ゲレンデこぶあり谷あり。」出てくるのは親父ギャグばかりであった。

 っとのことでゲレンデの下部へ青年はたどりついた。
 斜面はゆるやかになり、もうこぶはない。「やれやれ・・・」青年はともかくもう一度上に上がろうと、リフト乗り場へ向かおうとした。その時・・・
 板と板がぶつかり合う鈍い音が響き、突然青年は突き飛ばされた。
 何が起こったかわからないうちに青年は雪のゲレンデへ頭を突っ込む。
 「!!!」 
 前が見えない。上下の感覚がなくなる。悪戦苦闘の末やっとのことで青年が顔をあげると、同年輩位であろうか、男性がやはり雪だらけの頭をあげたところであった。
 「大丈夫ですか?」男性が尋ねる。
 「ええ、まあ。」 青年は相手が女性でなかったことに落胆しながらも答えた。「ドラマだとぶつかってくるのは大抵美人って事になってるんだけどな。」
 ドラマティックという言葉の本当の意味に気づくには、青年はまだ若すぎた。
 「すいませんでした。」男性は深々と頭を下げると、よろよろとしたボーゲンで立ち去っていった。
 「さてと、」青年は立ち上がろうとした・・・が・・・「あれ?」
 突然また転ぶ青年。「?」 もう一度立ち上がる。が、駄目だ、どうしても左へ転ぶ。左膝にまったく力が入らないのだ。
 何故だと慌てる青年。痛みはないのだ、怪我をしているはずはない。だが立てない。
 青年の異変に気づいた友人達が集まってきた。状況を説明する青年。「捻挫かなあ。」友人の一人が言う。「痛みが無いってのは変だけど。」
 とりあえずスキー場のレスキュー隊を呼ぶ事にしたのであった。

 スキュー隊はプロであった。
 彼らは状況を聞くとすぐさま青年を「そり」に乗せた。山岳救助に使われる長細い奴だ。
 あっという間に毛布が被せられる。そしてその上から皮ベルトでがっちりと固定。頭からすっぽりと毛布にくるまれた青年には周囲の状況がまったくわからない。
 やがて「そり」は動き出し、曲がり、そして時には空を飛んだように青年には思えた。青年にはわからなかったが、同行した友人によるとレスキュー隊員は「そり」の前後をつかみ、ボーゲンのまま、「すばらしい速度」で降りていったらしい。
 乗せている怪我人に前を見せないようにするのにはどうやら理由があったようだ。
 「そり」から「下りゴンドラ」「タクシー」をへて、青年は町の診療所へ到着した。
 「左膝の捻挫ですね。」レントゲン写真をみながら医者は軽く言った。
 「内出血してるみたいだし帰ったら整形外科で見てもらって下さい、ギプス出しときますから」
 カルテを書きながら医者が言う。膝に痛みはなかったが青年の心には大きな傷が刻まれた、その主な原因は保険がきかなかったギプス代8000円であった。

暗くて長い夜

 年のスキーの板は、同僚が抱えて降りてきてくれていた。
 宿泊しているペンションでは友人達が心配して待っていてくれた。
 思ったより元気な青年の姿に友人達は安心した様子、「捻挫なら一週間位で良くなるよ」やはり何度か足を捻ったことがあるという友人が言う。「休暇中はもうどこへも行けないなあ。」残念がる青年。
 そういえば今日は大晦日だ。青年の思いをよそに、ペンションの庭では盛大に餅つきが行われた。

 の夜の夕食はなかなかに豪華だった。
 青年達の予算で選んだ宿としては、かなり本格的な料理が並べられた。昼間の憂さをはらすべく青年と友人達は食べ、そして飲んだ。料理もなかなかに美味であった。
 食事が終わりに近づき、コーヒーの出る頃、ふと青年は違和感を憶えた。
 周囲の景色が歪む。視界がフルカラーから256色、そしてモノクロームに変化し、dosプロンプトのカーソルのように点滅をはじめた。
 急にがっくりと頭を落とす青年、驚く友人達・・・貧血であった。
 友人の肩を借り、青年はなんとか部屋へ戻った。膝の内出血と食事後の胃に血液を取られたのが貧血の原因のようであった。「普通の捻挫で貧血をおこすかなぁ?」青年の頭を不吉な予感が掠める、この時点で青年の左膝は通常の2倍の太さになっていた。

 日、翌々日と青年はペンションで1日を過ごした。
 スキーはできなかったが、ペンションにはビデオテープが大量にあり退屈する事はなかった。
 長期泊っている女性客とお知り合いになる役得もあった。
 「捨てる神あれば拾う神あり」青年は思ったが、「捨てる神」がそれほどなまやさしいものであるはずがなかった。

CUT-UP!

 事、スキー場から自宅へ戻った青年は、早速知り合いの整形外科へ向かった。
 2倍に膨れ上がった左足を見ながら医者は言った。
 「きっと折れてるよ、これ。」
 あわてる青年。あちらの町の診療所の話をすると「いや、でもこんなに腫れるはずないし。まあ、すぐわかるよ。」
 何をするのかと見守る青年に、医者は大きな、それは大きな注射器を取出した。
 針にあいた穴がはっきりわかる。「コントで使うような注射器だな」と青年は思ったが、「はい、横になって。」という医者の言葉に我に帰った。「まさか?」
 医者は消毒を済ませると、遠慮なしに青年の左膝の裏側へ注射器の針をぶすりと差し込んだ。
 「!!!」
 青年の声は出なかった。息ができなかったのだ。
 「さされた」というより「殴られた」に近い感覚だった。
 口を開けたまま硬直する青年。
 それをよそに医者は平然と言った。「ほら、血の中に脂が浮いてるだろ、これは骨が折れてる証拠」
 気が付くと注射器からは大量の血液が流れ出し、医者の持つパレットに溜まっていた。
 たっぷり牛乳ビン1本分はあっただろうか。そしてその分、青年の左足の腫れは面白いほどひいていた。
 「一応レントゲンとるけど、間違いなく骨折。今日から入院ね」 医者は妙に嬉しそうに言った。

 うして青年は、この後約1ヶ月の病院生活を余儀なくされたのであった。

 先頭へ戻る


 
 

第三部 雪中慕情編

嵐の予感

 年は24歳になっていた。
 仕事は人並みではあったが、なにかと忙しくなる年齢である。冬が訪れてもスキーに出かける機会は次第に少なくなってきていた。
 2月に入った頃であった。友人がふと青年を誘った。「久しぶりにスキーにいかないか?温泉場の近くなんだが。」
 断る理由はなかった。仕事も丁度一段落しており、なにより「温泉」と聞いては悩む必要はなかった。既に青年の「スキー辞書」の大半は「温泉」の章で埋められていたのだから。

 動は友人の四輪駆動車であった。友人2人と共に青年は温泉場に隣接した著名なスキー場へと向かった。深夜の数時間のドライブの後、翌日早朝に青年達は無事目的のスキー場へ到着した。
 2月の連休、温泉近くの著名なスキー場、だがその広大な駐車場は妙に閑散としている。
 「何故なんだろうな?まあいいか、空いている分には」
 深く考える者は一人もいなかった。
 スキー板を担ぎ、ロッジへ向かう青年達。しかしその頭上では、次第に近づいてくる大型の低気圧を予想させるかのような黒い雲が渦巻いているのであった。

 フトが営業を開始した。
 青年達は真っ先に頂上へと向かった。
 このスキー場のメインコースは、頂上付近から3km以上のダウンヒルが楽しめるすりばち状のコースだ。
 著名なスキー場だけあってゲレンデのコンディションも良好、青年達は何故かがらがらに空いているゲレンデを思う存分楽しむ事ができた。
 頂上からの長い1本を滑り終えた青年たちは口々にこのコースの状態を褒めちぎる。
 「遠くまで来たかいがあったよな。」
 それだけ良いコースなのに何故他のスキーヤーの姿が少ないのか?ここでも深く考える者は一人もいなかった。

氷の季節

 時の間にか雪が降り出していた。
 青年達は再度頂上へ向かうべくリフトへ足を向ける。
 頂上へ直行するこの長いシングルリフトは、スキー場の初期の頃に設置されたのであろう、最新型のそれに比べると圧倒的に速度が遅かった。
 リフトに乗ってすぐ、青年は気付いた。
 「ずいぶん降ってきたな・・・」
 空からひらひらと舞い降りる雪、程なくそれは「舞い降りる」から「降りしきる」へと変わった。
 そしてそれに呼応するかのように強くなっていく風、スキーウエアに積る雪、その粒が急速に小さくなっているのは気温が下がってきているなによりの証拠だ。
 「冷えてきたなあ・・・」
 スキーに来る以上、青年にも寒さの覚悟はできている。「暖かい時の雪は、雪ではない」青年のスキー辞書の脚注欄に書かれたこの言葉は、春スキーという名の泥遊びを経験した時に書かれたものだ。
 ウエアのジッパーを上げ、顎を襟の中にうずめて青年は思った。「これ1本滑ったら休憩にしようか」
 これ1本、がどれほどのものになるのか、青年の予想はまだまだ甘かった。

 の量は目に見えて増えていった。
 今や青年の黒いウエアは雪に埋もれて真っ白であった。風も更に勢いを増しごうごうと吹いている。そしてその強さはリフトが大きく左右に振れるほどであった。
 リフトの上で小さく丸まっているしかない青年、と、突然リフトが停まった。
 「?」慌てる青年、吹雪で聞こえにくいが、かすかにリフト支柱のスピーカーから聞こえる放送は、強風でリフトの安全装置が働いて…云々という事のようだ。
 冗談ではない、この雪と風、しかも気温は恐らく氷点下10度以下である。いくらスキーウエアに身を包まれているとはいえ、このまま放置されたら無事ではすまないのではないか?停車しているのは長大なリフトの丁度中腹、下のゲレンデまでの高さはたっぷり10Mあり、飛び降りる事など考える余地もない。
 既に青年の被った帽子は白く凍り付き、プラスチックのサングラスに触れている耳と鼻は鈍い痛みを放っていた。
 「と、凍死・・・」
 それからリフトがなんとか動き始めるまでの10分間、そしてそれから頂上に着くまでの5分間、青年の頭には「アムンゼン探検隊」「八甲田山」「タロとジロ」などの言葉が浮かんでは消えていた。

死の行軍

 上は当然のように猛吹雪だった。
 青年達を嘲笑うかのように吹き付ける雪と風、「とりあえずレストハウスまで戻ろう」ガチガチと歯を鳴らしながら話し合った青年達は、「コースはすり鉢状だから横風は少ないだろう」との予想のもとに、先程と同じコースを滑り始めた。
 無論、この時「下から吹き上げる風はどうなのか?」との疑問を持つ者は一人もいなかった。

 然と下から吹き上げて来る風の中、青年達は滑った。
 視界はほぼゼロ、サングラスやゴーグルは凍り付き、まったく用をなさない。
 当然それを外せば地獄のような寒風が直接顔面を襲う、付けるも地獄、外すも地獄。「専門の虎、拷問の狼・・・」
 青年は慣用句に弱かった。 

 に迷う心配のない一本道のルートだったのが唯一の救いであった。動く雪像と化した青年達はやっとのことで中腹のレストハウスへと転がり込む。
 サングラスに触れていた鼻の頭は紫色に変色し、鼻の下は凍り付いた鼻水でぱきぱきに固まっていた。
 震える手に掴んだコーヒーをすすりながら、青年は己のスキー辞書の先程の脚注の次に「それにしても寒すぎるのはいかがなものか」の文字を疑問符付きで書き込んでいた。

 の後、青年はスキーの時には必ずバッグを背負うようになる。
 そしてその中には、ゴーグル、フェイスマスク、ポンチョ、耳当て付き帽子等の防寒用品が当然のように常備されているのであった。

 思い過ごしも・・・

 うほうの体で、青年達は宿へと戻った。
 温泉場の宿である、お目当ての大露天風呂はさすがに満足できるものであった。
 熱めのお湯にじっくりと浸り、なんとか人心地をとりもどした青年達。次のお楽しみといえば・・・もちろん食事であった。
 「お食事は3階の宴会場にご用意してあります・・・」
 控えめな仲居さんの言葉も上の空に、青年たちは我先に宴会場へと向かった。

 会場は思いの他広かった。
 まだ早い時間なのだろうか、他の宿泊客の姿は少ない。いくつかに分けられた席には特に部屋の名前等は見当たらないようだ。
 「どこの席も同じ料理だし、どこでもいいんだろう」
 宴会場の端に陣取った青年たちは早速箸を取り上げた。
 料理はなかなかに豪華で、風呂上りの体にビールが美味かった。青年達は昼間の様子を肴に大いに盛りあがった。

 が過ぎ、広大な宴会場も次第に人で埋まっていった。宿の名前をプリントした浴衣を着た人々が次々と集まってくる。
 青年たちの食事も一段落した頃、宴会場の一方に設えられた舞台には人が集まり、なにやら挨拶が始まっていた。
 「迷惑だよなあ、自分の席でやれよ・・・」
 文句を言いつつ、料理を空にした青年達は席を立つ。
 不思議そうに青年達を見送る周囲の宿泊客。
 その本当の意味に青年達が気付くのは、宴会場の入り口に掲げられた「○○保険会社ご一同様」の文字でもなく、エレベータ乗り場に書かれた「4F」の文字でもなく、部屋へ戻った後訪れた仲居さんの「お客様、お食事がまだなんですが?」の言葉によってであった。
 「顔から火が出たことってありますか?」
 現在、青年のスキー辞書の裏表紙には、こっそりこんな言葉が刻まれているという・・・

 先頭へ戻る


以下鋭意制作中
 


 表紙へ戻る