YAMAHA V-Max

☆ メンテナンス編 ☆

あれこれ修理記録

 V-Max
おかえり、V-Max
 

<2005年6月>

 ・・・というわけで、ツーリング先の富山から無事戻ってきたV-Max。
 
 修理ついでにあちこちのパーツ交換も行ったので、忘備録を兼ねてレポートしてみる
 今回の故障
 今回発生した現象としては
★プラグ4本とも電気がこない→当然点火しない
…である。

 同様の現象が発生した3年前のツーリング。この時の原因はピックアップコイルだった。

 そして今回は、3年前にビーパスのご主人に指摘された「もしくは」の方、「イグナイター」と呼ばれるパーツが原因だったようだ。

V-Max
外したイグナイタ

 ピックアップコイルを「クランクの位置・回転数を拾う」ものとすれば、イグナイタは「その情報(+α)を元に点火時期&長さを決める」ものといえるだろうか。
 ご存知のとおり俺は電気に激しく疎いので、ぼんやりとしたイメージでしかないのだけれど。

 エンジン前方、タコメーター下にセットされたこのパーツは、前期型の場合、防水のシールが甘く、激しい雨に会うと浸水→ショート→動作不良、となることがあるという。
 俺の場合はまさにコレだったようだ。
※3年前のレポートに「コンピュータに浸水なし確認」とあるが、これは左ダミーインテーク内のパーツを言っていた。

 今回、外したパーツの内部はこれである(通常は分解不可)

V-Max
赤いあたりが怪しい雰囲気

 う〜む、確かに錆びていた跡がある。この状態でよくぞこれまで走ってくれたものだ。

<余談>
 実はショップにてこのパーツを分解し、ある程度錆を落としてしっかり乾燥させたら復活(正常動作)したとの事だ。さすがは純正部品、丈夫だねぇ…

 ちなみにこのイグナイター、新品パーツの価格は9万円オーバーである。

「電気系パーツに中古は使わない」が俺の信条だったのだが、この値段を聞いてあっさりと心変わり。
 ツテをたどって'97モデルの中古品をゲットする。
 
 '97というと8年物だが、同じ2WEからの取り外しとの事だし、'90の15年物を修理するよりは安心して使えるだろう。
 雨に対する耐水性(シール)も向上しているはず…だよな?

 
 スタータークラッチ交換
 今回の故障の原因究明(ピックアップコイルのチェック)の為、クランクケース左カバーを開けたというので、ついでにスタータークラッチの交換も依頼した。

V-Max
外したスタータクラッチ

 
 前回の交換から約7年。

 現在はほんの時たま「ガリッ」という程度でまだ交換の必要はないと思うのだが、これまた過去にいや〜な思い出があるパーツである。
 早めに処理しておいて損はないだろう。
※修理をお願いしたのがSST(特殊工具)を持つショップだから、という理由もある。

 外してもらった旧パーツをチェックすると、今のところ問題になるような場所はみられない。

 本体にもクラックは入っていないし、内部のコマもボルトも問題なし。
 あえて言うなら、コマの擦れた跡がうっすらついている程度である。

V-Max V-Max
素人目にはなんともなさそう

 これなら交換することもなかったかな?まぁ、これは安心料という事で。

 当然だが、左クランクケースガスケットも新品に交換。
 これで洗車の度に気になっていたクランクケースカバーからのオイル漏れ(という程の量ではないが)も無くなるだろう。
 

 クラッチ板交換
 左を開けたのなら右も…というわけではないが、これまたついでにクラッチ板の交換もお願いする。

V-Max
外したクラッチ板(他)

 
 高速道路を走行中、4・5速でV-Boostをかけるとクラッチが滑る現象はこれまでに何度も発生していた。

 「交換しなきゃな」と思い始めて早数年(←をい)
 低いギアで症状が出るまで悪化したら…と思っていたのだが、良い機会なので新品にしよう。

 実は、クラッチ板交換は「自分でやろう」と思っていた部分。

 手順も調査済みだし、SSTが必要ないことも確認済み。
 まぁパーツ代としてはさほどでもないので、工賃がまとめられる今回、プロにお願いするのは間違いではないだろう。

V-Max V-Max
これが判断できる方いらっしゃったら是非ご教示下さいまし

 新品と比較していないので、これがどれくらい減っている状態なのかはわからないが、こちらはスタータクラッチと異なり、明確な現象が出ていた部分。
 ナラシを終えたら高速道路で全開チェックをしてやるとしよう
 
 それにしても…HPのネタが1つ減って残念だなぁ…はっはっは(←心にもない事を)
 

 ★
というわけで、きれいさっぱり治してもらったV-Max。

どうやら今年の夏は思い切り走り回れそうである。

#あ、その前にフォークのオイルシール交換しなきゃ…
##あ、あと車検が…

 
 
 Copyright 2005 Akira

 V−Maxへ戻る