☆ YAMAHA V-Max ☆

(スタンダード編)

V-Max

(c)ヤマハ発動機(株)

 V-Maxとは?

 その種類 日本仕様と輸出仕様
 
日本仕様 ラジエター横のリフレクター(反射板)が1枚しかない。V-Boostがついていないのでキャブレター真ん中のしきりがシンプル。マフラーの排気孔が小さい
リアのリフレクターがなぜか小さい
輸出仕様 ラジエター横のリフレクター(反射板)が2枚ある。キャブレター真ん中にV-Boostシステムあり
地域によるが、マイル計とキロメートル計併用のスピードメーター
年式による変更点
 
年式 特徴、他
1985 初期型。フロントホイール、リアホイールとも5本スポーク。エアスクープはアルミ地。
1986 フロントホイールは5本スポーク。リアはデッシュタイプになる(剛性アップの為か?)
1988 フロントホイール、リアホイールともデッシュタイプになる(剛性アップの為か?)エアスクープ、サイドカバーが黒に。
(この時期のモデルのファンも多い)
1990 エアスクープ、サイドカバーがアルミ地に戻る。他メッキパーツが増える。
日本国内仕様発売開始(V-Boostなしの97ps)
1993 フロントフォーク径が40→43へ。フロントブレーキキャリパ4ポッド、ディスク径298、フローティング化。
1996 各部を黒く塗装した「ブラックマックス」登場。
電装系改良。
中古車で買うならこれ以降の年式がお勧め。
1997 エアスクープ、サイドカバー、その他各部を鏡面メッキし、フロントブレーキにブレンボを装備した特別仕様が東京モーターショーに出品される。(同仕様のパーツがワイズギアより部品として発売開始)
1998 外装をカーボン風に塗装した「カーボンブラック」、チタン色塗装の「マットチタン」それぞれ登場。
2002 エンジン・車体がツヤ消し黒(マットブラック)、白い2本線入りの通称「コブラMAX」出現。排ガス規制で馬力ダウン?(未確認)
2005 黒ベースに赤のヘアライン、ホイールリムにも赤ライン。20周年記念車にはシリアルNOプレート付
2007 ファイナルエディション。現行車はこれにて生産中止。
2008 海外にて新型VMax発表。

型式とエンジンの仕様
 

モデル 年式 型式 馬力、トルク 備考
アメリカ 1985 1FK 145PS/9000rpm 12.4kgーm/7500rpm
1986 1UT
1987 2WE 143PS/9000rpm 12.0kgーm/7500rpm 143PSは90年から
カルフォルニア 1985 1JH 145PS/9000rpm 12.4kgーm/7500rpm
1986 1UR
1987 2WF 140PS/9000rpm 12.0kgーm/7500rpm 排ガス規制の為
北米(カナダ) 1985 1GR 145PS/9000rpm 12.4kgーm/7500rpm
1987 2LT 最強エンジンとの噂
日本 1990 3UF  97PS/7000rpm 11.3kgーm/6000rpm V-Boostなし
ヨーロッパ 100PS規制モデル
南アフリカ 2002? 2WF 135PS (フレームNoはJYAVP・・・) カルフォルニアと同一か?

Engine

(c)ヤマハ発動機(株)

記載の内容、諸元等につきましてご意見等ございましたら、こちらまでメールを頂けると幸いです。

コンテンツ中「(c)ヤマハ発動機(株)」の表記のある画像につきましては、同社様の許可を得た上で
ご好意により使用させていただいている画像です。
ヤマハ発動機へのリンクはこちら→(c)ヤマハ発動機(株)


 V-Maxへ戻る